留学の準備期間はどれくらい必要?準備段階で必要なこととは

留学をしてみたいと思った時、その準備期間はどれくらい必要なのか、気になるところです。

その目的や行き先によっても、準備期間は異なってきますが、アメリカ語学学校の場合、1年くらい前から準備を進めておくと良いでしょう。

それでは、その準備について説明していきます。

行きたい国、学校を決める
インターネットなどで、留学したい国、学校を調べます。
僕のように大学が推薦する姉妹校があったりする場合は、そちらの方が、学費が安くなったり、奨学金制度が使えたり、大学の単位がもらえたりするので、そういった語学学校を選ぶのも選択肢のうちの一つです。
また、留学エージェントに相談し、留学先を調べるという方法もあります。
留学手順について、細かくアドバイスしてくれるので、留学準備の強い味方になってくれるでしょう。

目的、目標を立てる
行き先が決まったら、目的、目標を決めます。
自分は留学先で何を優先的にやりたいのか、どのようになって帰ってきたいのか、プランを立てます。
具体的な目標がベターです。
「TOEIC〇〇点を取る」や「この学校のこのコースで勉強をして帰る」「英語でスピーチできるようになる」などがいいです。

入学準備をおこなう
語学学校への入学願書の提出、滞在先(ホームステイor寮)の選択、学校のコース選びなどをおこないます。

英語の勉強をする
留学まで、英語の勉強をし、自分の英語スキルを上達させておくことを強くお勧めします。
英語を少しでも上達させておくことで、自分にも自信が持てますし、留学生活のスタートを良いものにすることができます。

パスポート、ビザの取得
パスポートを持っていない人は、パスポートの申請になります。
また、有効期限が切れそうな人は、更新が必要になります。
ビザについては、アメリカ大使館での申請が必要になります。

留学保険に入る
留学保険には必ず入るようにしてください。
留学先での病気や事故など、高額の費用が発生してしまった際など、保険に入っていると安心です。

航空チケットを入手する
パスポートとビザが取得できたら、航空チケットを入手しましょう。
旅行会社でも手配できますが、インターネットでも簡単に購入するこができます。

病院、歯医者に行っておく
出発前に、かかりつけの病院で、身体に異常がないか検査等をおこなっておいてください。
特に歯医者には行って虫歯治療は受けておくようにしてください。
歯医者の費用は留学保険では、カバーされていませんので、留学中に費用が発生した場合は、すべて自己負担になってしまいます。

留学を成功させる為、出発直前にバタバタすることの無いよう、ゆとりを持って、事前準備を進めておきましょう。
準備さえしっかりしていれば、充実した留学生活を送れることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です