誰もが体験する現実!アメリカ留学生活の3つの挫折ポイント&その対応策は?

留学期間中に挫折しやすいポイント&その対応策は?

 

 

夢にまで見たアメリカ留学!留学スタート当初は、誰もが高いモチベーションを持って渡米し、これから英語学習に励む高い目標を掲げていることと思います。

しかし、いざ留学生活も3ヶ月、4ヶ月と経ってくると、アメリカでのライフスタイルや語学学校での英語学習にも次第に慣れてきて、英語に対するモチベーションや向上力も停滞気味になってくるのが現実なのではないでしょうか。

これは、長期留学生にとって誰もが通る壁であり、この挫折しやすいポイントを事前に知っておくことで、もし自分が直面してしまった場合にも諦めることなく対応ができますし、なおかつ無駄のない有意義な留学生活を過ごすことができます。

特に、英語初心者の人の留学においては、留学すればなんとかなると思っていたものが、現実はそんなに甘いものではなく、なかなか思ったように英語スキルが上達せずに挫折してしまうといったケースもありがちです。

今回は、留学期間中に起こりやすい挫折しやすいポイント&挫折を乗り越えるための対応策について紹介したいと思います。

 

英語学習面での挫折

アメリア留学での一番大きな挫折の要因が、やはり、「英語学習」での挫折でしょう。

これは、前述したように英語初心者の留学生にありがちな挫折のケースですが、中級者の人にもこの挫折は見られることはあります。

留学をスタートして1ヶ月、2ヶ月目の頃は、脳の吸収力もスポンジのように高く、多くの新しい情報を取り入れることができます。

新しい単語やリスニングもどんどん吸収することができ、スピーキングにおいてもいくつかのパターンを早々に覚えて、生活に支障のないレベルまでには容易に到達することができるでしょう。

しかし、ある程度のレベルまで達すると、個人レベルにもよりますが、上達スピードが停滞気味になってきてきます。

英語、英会話が今までのようになかなか上達していかないジレンマと苛立ちから、モチベーションの低下を引き起こし、それが挫折となり、最悪の場合にはホームシックなどを引き起こす可能性もあります。

ただ、長期滞在の留学生にとって、英語学習の挫折期間というものは誰でも必ず訪れますので、焦らず慎重にこの期間を乗り越えることが大切です。

語学は、やるべきことを継続さえしていれば、繰り返しの連続で、必ず上達するので、とにかく慌てず自分のペースでおこなうことが重要です。

 

精神面からくる挫折

見知らぬ土地に一人で長期滞在ともなれば、精神的な面での負担も大きいと思います。

日本とは全く違くライフスタイル、食生活などで、留学がスタートしたばかりの頃はカルチャーショックを受けることも多くあると思いますし、精神的な疲労から体調を崩してしまうケースもあるかもしれません。

健康状態の乱れや、精神的な疲労は、心理的にも挫折感を生み出しやすいとされています。

留学スタート直後は、モチベーションも高く、気負うこともあると思いますが、あまり無理をせずに、食生活や睡眠に十分気を遣った生活を心掛け、体調管理に努めるようにしてください。

また、留学先では、次第に新しい友人もできていくことでしょう。

精神的なストレスは、決して一人で解決するのではなく、友人やホストファミリーにも話し、相談相手を常につくっておくことを心がけましょう!

 

留学の慣れからくる挫折

長期留学においては、「慣れ」という敵が潜んでいます。

僕が半年間のアメリカ留学をおこなった際には、4ヶ月目当たりから、留学生活の慣れによる英語学習へのモチベーションの低下が発生してきました。

これは、挫折とは少し言葉が違うかもしれませんが、モチベーションの低下、目標喪失となると、挫折感を感じる人もいるかもしれません。

この「慣れ」についても、長期留学をおこなう人にとっては、誰もが通る停滞期間だと思いますので、無理にその停滞期間を抜け出そうと焦るのではなく、いつもとは違うことなどをおこない、気分転換をしてみるのも一つの方法です。

僕は、この留学生活による慣れが発生し、少し英語学習が停滞気味だった期間、逆に2~3日英語学習をストップし、アメリカ国内の旅行を楽しみ気分転換をおこないました。

そうすることで、英語学習へのモチベーションも回復し、残りの留学期間をさらに有意義に過ごすことができました。

 

まとめ

初めて訪れる、異国の土地では健康面でも精神面でもバランスが崩れがちになり、いろいろと困難が訪れることと思います。

留学において、挫折はあって当たり前ですし、誰にでも起こり得るものだと思っておいた方が気が楽かもしれません。

留学期間中に、いざ挫折を味わってしまった時に、自分がどう対処するか、事前に少し考えておくと良いかもしれません。

挫折をしてしまった時、一人でもそれを潜り抜けることはできるかもしれませんが、一番頼りになるのは日本にいる家族や、留学先の友人のサポートではないでしょうか。

その為にも、日頃から周りとコミュニケーションを密に取り、お互いに助け合いの精神を持って過ごしていきたいものです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です