留学直前!出発1ヶ月前に英語力ゼロのあなたがすべき英語準備とは?

留学直前!英語が話せないあなたが留学前にするべきことは?

 

 

こんにちは、テツシです。

留学が決まり数か月、もしくは数週間後には現地の留学先に出発してしまう!だけど、全然英語力には、まだまだ全く自信がない・・そんな人も多くいるかもしれません。

中には、「英語は留学先で勉強するから大丈夫」なんて人もいるかもしれませんが、英語初心者だとしても、日本で英語を勉強していくか、全く勉強せずにいくかによって、留学先での英語の上達スピードはかなり違ってきますし、英語を勉強せずに留学した人は、語学学校においてもホームステイ先においても、かなり苦戦した留学生活のスタートになってしまい、波に乗ることができず、そのまま留学が終わってしまうということもありえます。

そこで今回は、留学直前の対策として、まだ英語に不安を抱えるあなたが留学出発までにすべきことを紹介していきたいと思いますので、ぜひ実行してみてください。

 

時間がない場合は、英語の的を絞って勉強しよう!

これから1ヶ月、または数週間後には留学!といった場合には、幅広く英語を勉強することは無理に等しいです。

「やばい、何から勉強しよう・・」と焦ってしまい、あれやこれやの勉強法に手をつけて、勉強をやった気になり、結局何も英語力は向上しなかった・・といこともあります。

短い時間の場合は、英語の的や勉強法を絞ることで、理解度を高め、基礎英語の向上に努めましょう。

基礎的な英語力さえしっかり勉強していれば、留学先でも十分通用しますし、下地をしっかり作っておくことで留学生活がスタートした後も、英語力が伸びやすくなっているはずです。

僕も、アメリカに留学をおこなった際は、英語力には自信はありませんでしたが、的を絞って英語力をきちんと勉強していたことで、少し自信を持って安心して留学できましたし、十分通用する英語を身につけることができました。

では、具体的に何をおこなうべきなのか。

短期間でおこなうべき英語力の向上について、いくつか例をあげてみましょう!

 

英単語&ボキャブラリーを習得する

英語初心者の場合、限られた時間の中では、やはり英単語の習得が必須です。

英語には、リスニング、グラマー(文法)、スピーキング、ボキャブラリー、リーディングなどの様々な分野がありますが、限られた時間の中では、どれかに的を絞って集中的に勉強をおこなうことが重要ですし、その中でも基本となるのは、単語やボキャブラリーを増やすということになってきます。

あまり難易度の高くない、市販の英単語帳を一冊購入し、それを留学出発まで熟読し、暗記できるようにしてください。

時間のない中では、難易度の高い初めて見るような単語を勉強するよりは、少し簡単な単語を数多く頭に入れる方が効果的で、力になります。

もう一度基本に戻り、中学生レベルの英単語を繰り返し、繰り返し、頭に叩き込み、丸暗記できるようにしておきましょう。

 

自己紹介をできるようにしておく

これも基本的なことです。留学先では、まず、必ず英語で自己紹介をする場面が多く訪れることと思います。

海外では特に自己主張が大事になってきますし、自分のことを相手に分かってもらう為には、最初の挨拶の段階でのファーストインプレッションが大切です。

相手とこれから信頼関係を構築していくための、重要なアピールとなりますので、事前に自己紹介は英語でできるようにしておくことが肝心です。

自己紹介の中では、あいさつや自分の名前の他にも、「出身・生い立ち」、「職業・専攻」または「趣味・特技」なども説明できるように準備できるようにしておくと良いでしょう。

そうすることで、話も広がりますし、自己紹介がきっかけで相手と共通点が見つかる可能性もあります。

僕も自己紹介では、自分の特技や出身地について説明したり、少し話が膨らんできたら、留学しようと思ったきっかけなども、話したりしていました。

自分の自己紹介の流れを、一度文章として作ってしまい、それを頭にいれておけば、あまり時間が無くても簡単にできるので、留学直前にぜひ準備しておいてください!

 

日本のことを英語で説明できるようにしておく

もし時間に少し余裕があり、英単語帳の熟読の隙間時間があれば、「日本ことを英語で説明できるようにしておく」ということをおススメします。

留学先では会話の中で、必ずと言っていいほど、現地の様子と日本のことを比べる場面がでてきます。

例えば、運転をしながら、「アメリカでは車は左ハンドルだけど、日本はどうなの?」とかそれに対して、日本のことを説明するといった場面が多々あるでしょう。

すべてのことを英語で準備するの難しいですが、日本はこんな国であるといった、日本の特徴や代表的な文化、国技、今流行っていることなど、説明できるようにしておくと、その場の会話の内容がより盛り上がります。

これも自己紹介と同じで、一つ文章として流れを覚えておき、暗記しておけば、一度二度使うとあとはスラスラ言葉に出てくるし、どんどん新しい文章も追加されていきます。

それに留学先で外国人に、日本について説明できることは、とても価値ある素晴らしいことですよ。

 

まとめ

「留学すれば英語が上達するから、日本では準備しなくても大丈夫」という考えを持って留学に望もうとしている人は、とても危険です。

留学直前だからと諦めるのではなく、限られた数週間でもできることはありますし、その数週間での準備が、現地での留学生活のスタートを成功させるかどうか鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。

英語に自信がない人も、留学前にきちんとした準備を進めて、充実した留学生活を送ってください!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です