インターンシップでの正しいビジネスマナーは?アメリカでの名刺交換&自己紹介を解説!

インターンシップで必要となるビジネスマナー!アメリカと日本の違いは?

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカ留学で、現地の企業にインターンシップをおこなう際、日本とは異なるアメリカの「ビジネスマナー」についても気になるところですよね。

インターンシップといっても、ビジネスに関することなので、くれぐれも相手に失礼のない最低限のマナーは、知っておく必要があります。

日本では当たり前にやっていたことがアメリカのビジネスシーンでは、非常識な恥ずかしいことだったりすることだったり、時には会社を巻き込むようなトラブルを引き起こす要因にもなるので、十分に注意してください。

そこで今回は、アメリカと日本のビジネスマナーの違いと、アメリカではいったいどのようなビジネスマナーが正しいのか、について紹介していきたいと思います。

 

名刺交換のタイミングは?挨拶の場では、アイコンタクトが重要!

会議や打ち合わせなど、始めて相手の人と顔を合わせる場面。

日本ではまずお辞儀をしながら挨拶をし、すぐに名刺交換にが始まります。

名刺交換が、日本の自己紹介なんですね。

これが、アメリカの場合だと、かなり変わってきます。

まず、上司から順に自分の名前を名乗り自己紹介を進め、名刺に書いてあるような自分の肩書きなポジションなどを説明し、握手をおこないますが、この時に大切なのは、いアイコンタクトで、相手の目をしっかり見つめ、握手は固めにおこなうことがマナーとされています。

日本では、自分よりも目上の人に向かってダイレクトに強いアイコンタクトをとることは、失礼に値することもありますが、アメリカでは全くの逆で、相手の目を見ないで話すことは、失礼にあたり「この人は信用できない」と思われることになるので、くれぐれも注意しましょう。

さて、それでは名刺交換は一体どの場面でおこなうのか?

少なくとも打ち合わせや会議の冒頭ではおこなってはいけません。

特にこの場面というのは決まっていませんが、名刺交換は連絡先の交換が必要になったタイミングでおこなうのが一般的です。

タイミングとしては、打ち合わせや会議の終盤が多いようです。

 

会話中の腕組はマナー違反!

アメリカでは、会話中に腕組をすることは相手にとても失礼とされ、これをおこなうことは厳禁と言われています。

僕もアメリカ滞在中に、アメリカ人から直接言われたことがありますが、アメリカ人は日本人の腕を組む仕草が、不安を抱き、自己防衛をしている、自分を守ろうとしているように見えてしまうのだとか。

そして、相手を否定する仕草にも見えるとまで、言われたことがり驚いた経験があります。

確かに、心理面で言えば、我々日本人はどこかで自己防衛しているのかもしれません。。

アメリカ人はそんな日本人の腕を組む仕草に不快感を感じているようです。

特に大事な会議や商談がおこなわれるビジネスの場面などでは、気をつけた方がよいでしょう。

 

レディ・ファーストはビジネスの世界でも鉄則

アメリカと日本のビジネス文化で大きな違いがあるのがこのレディ・ファーストです。

日本では、現在でも、やはり男性優先的な考えがあり、女性は使われる立場などの感覚が、企業でも未だに残っています。

しかし、アメリカでは普段の生活から、しっかりレディ・ファーストが身についており、ビジネスの場面でもそのマナーは当然のように振舞われます。

ここでは、レディ・ファーストの基本となる一例を挙げましたので見ていきましょう!

扉&エレベーター

ドアを開ける際などは、基本的には男性が先にドアを開けて女性を誘導することが、正しいマナーであり、レディファーストとされています。

エレベーターに乗る際などは、エレベーターの一番前で待っている人がドアを押さえて、女性を先に誘導しましょう。

エレベーターから降りる時にも、女性が降りることを考えて、ドアが閉まるのを押さえておくことを忘れずにしましょう。

レストラン

レストランなど食事の場において椅子に座るといったケースには、女性の席の後ろにまわり椅子を軽くひいて、まずは女性に先に座ってもらうようにしましょう。

マナーについて肝心となる、座席の位置についてですが、基本的には壁を背にしたいわゆる上座の席に座ってもらいましょう。

日本であれば、役職や年功序列で座る場所の優先順位が決まりますが、アメリカであれば、基本的に優先すべきはまず女性です。

日本人にとってはいささか驚きかもしれませんが、アメリカ人にとっては、ビジネスの現場においても「レディ・ファースト」は当たり前なんです!

 

会議の場面でのマナー

アメリカでの企業において、会議というものは「議題についてそれぞれが自己主張をおこない、何らかの決断をくだす場」です。

ですので、アメリカ人は、時間をムダにはせず、議題について予め事前に参加者で共有し合い、会議が始まったらすぐに議題に入れるより話が進められるよう、事前に入念な準備をおこないます。

会議中は参加者それぞれが意見を述べることが、当然とされており、意見がなければやる気がないものと評され、意見を述べないことはマナー違反というか、ビジネス現場において非常識な行為にとられてしまいます。

会議のスタイルは、国によって様々で、「意思決定重視」の国もあれば、「話し合い重視」の国もあり興味深いものになっています。

例えば、アメリカやイギリスは、意思決定をおこなう為に淡々と会議が進められる傾向にあります。

一方、フランスやスペインなどのヨーロッパは問題を検討して話し合う目的で会議がおこなわれます。

日本もどちらかと言えば、フランスやスペインなどのように、会議の内容については、話し合いスタイルに近いのではないでしょうか。

アメリカでの会議に参加する場合は、その国のスタイルに合わせたやり方を意識しながら、会議に臨むと、より良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段、日本とアメリカのビジネスマナーを比べるとその違いも分かりますし、アメリカ人とビジネスシーンで仕事を共にする際には、日本のマナーをそのまま相手に使っているようだと、とても失礼にあたってしまう可能性があります。

この機会に、アメリカのビジネスマナーについてよく知っておくことも、良いかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です