アジア、北米の留学費用&相場より安く留学するコツは?LCCでどれだけ格安になるか試算

お金がないけど留学したい!留学費用の相場&安く留学をおこなう方法を紹介!

 

 

こんにちは、テツシです。

「留学したいけど、いったい費用はどのくらいかかるの?」「お金がないので相場より、少しでも安く留学したい」留学はしてみたいけど、費用に関する疑問や悩みについては、誰もが頭をよぎると思います。

留学準備の段階で、資金をどのくらい調達するか、その目標金額の目安にもなるので、留学費用の相場は頭に入れておきたいところです。

半年以上の長期留学ともなると、おおよその国が、100万円以上の留学費用が必要になりますし、特に学生にとっては、100万円というのは大金で決して簡単に手に入る資金ではありません。

今回は、国別の留学費用の相場相場よりも安く留学をおこなう方法&テクニックを紹介していきますので、留学に向けての準備や資金調達の段階において、ぜひ参考にしてみてください。

 

国別&期間別の留学費用の相場は?

それでは、さっそく国別&期間別の留学費用の相場についてみていきたいと思います。

主要な人気留学国6ヶ国を例に見ていきましょう

  • アメリカ
    3ヶ月:80万円~120万円
    6ヶ月:110万円~170万円
    1年:230万円~410万円
  • イギリス
    3ヶ月:70万円~110万円
    6ヶ月:100万円~170万円
    1年:190万円~360万円
  • カナダ
    3ヶ月:60万円~110万円
    6ヶ月:100万円~140万円
    1年:170万円~300万円
  • オーストラリア
    3ヶ月:60万円~110万円
    6ヶ月:130万円~180万円
    1年:180万円~380万円
  • ニュージーランド
    3ヶ月:60万円~80万円
    6ヶ月:90万円~140万円
    1年:170万円~300万円
  • フィリピン
    3ヶ月:15万円~30万円
    6ヶ月:30万円~60万円
    1年:60万円~120万円

アメリカ

留学といえばアメリカと言っても過言ではないほど、アメリカは昔から変わらない留学人気国です。

アメリカには語学学校はもちろんのこと、スポーツや、デザイン系の専門スクールなど数多くの目的別の専門大学や学校が存在します。

有名観光都市や有名スポットなどがあるのも人気の要因の一つですが、デメリットとしては、おおよその地域で物価が高いということが上げられており、都市部や郊外の滞在費用を地方の費用と比べると、大きく異なることが一目でわかるでしょう。

 

イギリス

歴史や文化遺産の探索など、イギリスへ留学すれば、その他のヨーロッパ諸国へのアクセスも容易な為、留学中に、様々の近隣諸国を訪れることができるという点が大きなメリットではないでしょうか。

イギリスと言えば、歴史と伝統のある、数多くの名門大学があることでも有名で、語学学校やミュージック、アート系の専門学校も数多くあり、人気が高い留学先の一つとなっています。

しかし、アメリカ同様、物価や学費が高いというデメリットがあり、留学資金についても予め、しっかりとした下準備の必要がありそうです。

 

カナダ

カナダは教育プログラムや街の住み易さにおいて、留学先としては、日本人から高い人気を誇っています。

特徴としては、留学生の場合、現地の学生よりも学費が2倍~3倍ほど高く、留学する際は、奨学金や留学生の為の学費減免プログラムを取得するという方法もあります。

 

オーストラリア

オーストラリアには親日家が数多くいる国としても知られ、国自体が留学生の受け入れ態勢を保障しており、留学生の学習環境や日々の生活をサポートしているので、過ごしやすい環境と言えるかもしれません。

ただ、オーストラリアは世界の中でも特に、物価が高い国としても知られていますので、アメリカやイギリスのように、留学資金については予めしっかりとした準備をしておく必要がありそうです。

学費や生活費にも影響するほどなので、決して安い留学費用であるとは言えませんが、留学先としては人気国であることは間違いないでしょう。

 

ニュージーランド

ニュージーランドもオーストラリア同様に政府が留学生の学習環境や日常生活を保障するという規律をが制定されています。

大学や語学学校などの教育機関では留学生に対して誠実な対応をおこなっているのが特徴です。

語学学校や大学の規模や数は大きくないですが、しっかりとした世界水準の教育プログラムや利便性の高い大学施設が整っているのが最大のメリットの一つです。

 

フィリピン

近年、留学国として人気を集めてきているのが、東南アジアに位置するフィリピンです。

その理由としては、フィリピンには質の高い語学学校が多く、マンツーマンレッスンを受けることができるのは、フィリピンのみです。

日本から5時間程度と場所についてもあまり遠い場所ではなく、人気留学国の中でも最も物価も安く、学費や生活費を安く抑えることができるのもメリットでしょう。

 

留学費用の相場より安く留学する方法は?

では、留学する際に、少しでも安く留学したいという人の為に、留学費用の相場よりも安く留学する方法をみていきましょう。

格安航空券(LCC)

LCCの利用は相場より安く留学したいのであれば、絶対に外せない方法の一つです。

現在では、夏休みやGW,年末を除けば、年間のほとんどを通じてLCCの利用ができます。

LCCは旅行代理店のみが販売しているチケットで、ツアーなどのパッケージ用に航空会社から旅行代理店が購入したチケットを、ツアー用としては販売せずに、個別に購入できるよう販売しているチケットです。

現在は、航空会社が販売している割引航空券もインターネットなどを介し、非常に安く手に入れることができるので、そこまで大きな差はなくなってきていますが、それでもLCCであれば、かなり安い値段での購入が可能となっています。

語学学校の割引キャンペーン

またこんな方法もあったりします。長期の留学を希望している人は、語学学校の割引キャンペーンを利用したりしてはいかがでしょうか。

語学学校の中には、半年以上の長期で語学留学をおこなう学生に対して、授業料の割引をおこなっている学校もあります。

留学において費用面を念頭に置くのであれば、語学学校選びの段階で、割引キャンペーンをおこなっている学校を中心に選ぶのも一つの方法かもしれませんね。

 

海外旅行保険&留学保険

留学する際に、必ず入っておきたいのが海外旅行保険又は留学保険です。

留学先では、病気やケガ、交通事故、不慮のトラブルなど予想外の出来事に巻き込まれてしまうということも考えられます。

いざトラブルに巻き込まれてしまった時にも、自分ではどう対処していいものか分かりませんが、保険会社が付いていれば、安心ですし、スムーズに対応してくれます。

保険会社を比べると、その保険内容や金額もかなり違ってくると思います。一社だけで「はい、決定!」と超すんなり決めてしまうのではなく、何社か見比べ見積もりをとって、一番お得で自分にあった保険会社を選ぶことをおススメします。

 

まとめ

今回は留学費用の相場よりも少しでも安く留学する為の方法を紹介しましたが、いかがでしたか。費用を少しでも抑えるには、語学学校選びや格安航空券、保険料など、留学の中で最も費用がかかるといわれている項目をいかに抑えれるかが、カギになってくるかと思います。

しかし、今回紹介した以外にも、滞在費の節約、現地でのお金の使い方によっても、留学費用はかなり削減できるでしょう。

留学費用を抑えながらも、中身の濃い、充実した留学生活を送っていってくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です