私がアメリカで体験した医療事情!ホームドクター選びの重要性とは?

いざいう時に備えて・・抑えておくべきアメリカの医療事情!

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカに留学や仕事などで長期間滞在いた場合、気になってくるのが「医療事情」です。

もちろん病院に診察に行ってから、言葉が通じるかどうかという不安も出てくると思いますが、アメリカの医療保障の制度についても心配になってきますよね。

日本と比べるとその制度や考え方に大きな違いがありますので、何も知識がないままアメリカに行ってしまうと、かなりのカルチャーショックを受ける要因になってしまいます。

いざという時の為に、アメリカへの出発前には医療事情をしっかり頭に入れておいて、慌てず混乱しないようにしておいてくださいね。

 

日本とアメリカの医療事情の違いは?アメリカには公的医療保険制度が存在しない!?

日本には国民全員に対して公的医療保険制度といったものが適応されます。

要するに、社会保険のことですね。

日本ではすべての国民がこの公的医療保険に加入することが義務となっていますが、アメリカでは国民全員を対象とした公的医療保険制度というものはありません。

じゃあ一体、アメリカの公的医療保障ってどんなものなのか?

アメリカでいう公的医療保障は、高齢者と身体障害者と低所得者を対象とした医療支援制度というものになっています。

ですので、一般の国民は各自で民間の保険に加入するか、医療費などは全額自己負担でまかなうしか方法がないってことですね。

アメリカでは6人に1人が保険に未加入と言われています。

ですので、全額負担というのは、アメリカは医療費がとても高い為、医療費が支払えず借金を膨らましてしまう人もいるくらいの、社会問題にもなっています。

アメリカの個人破産の半数以上がこの医療費関係だと言われていますから驚きですよね。

 

マネージメントケアとは?

医療費が高くなると、アメリカの民間保険会社の保険料もそれに比例して必然的に値上がりします。

そうした場合、保険料の支払いが厳しくなり、結局は解約されるといった結果に陥り、保険加入者の減少という状態になってしまいます。

そのため、医療費を減らす為、医療サービスの内容を制限するといった制度がマネージメントケアになります。

民間の保険会社に加入すると、医療の内容の決定権を民間の保険会社が持つようになります。

ただし、保険会社が指定した病院で受診し、一般内科医や家庭医がこのまま自宅で治療するか、それとも状態を診て、医療費の高い専門医に診てもらうべきか判断します。

ですが、手術や入院をするにしても、保険会社の許可や判断が必要になるということですね。

保険に入っているから、すべてマネージメントケア!?というわけではなくて、もちろん全額負担で自分の希望する治療を受けることも可能です。

日本では信じられませんが、医療の内容や病院を決めてしまう民間保険会社って本当にすごいですよね。

これを聞くだけでも、アメリカでは民間保険会社がかなりの大きな力や権力を持ってそうなイメージです。

 

ホームドクター

アメリカでは、病気やケガになったりしたときに、まず一番に、ホームドクターに相談します。

日本では「かかりつけの主治医」のことですが、アメリカでは、「プライマリードクター」「プライマリーフィジシャン」と呼ばれたりしています。

日本では、どこか身体の異変があり、診察してもらう場合には病院の医師に相談…という具合になりますが、アメリカではこのホームドクターに相談することで、必要に応じて、専門医を紹介してくれます。

入院や手術の場合にもこのホームドクターの紹介で、病院を決めて入院までしてしまいます。

ですので、このアメリカではこのホームドクター選びがかなり重要視されています。

ホームドクターの選び方ですが、クチコミを理解して選ぶのが一般的ですが、民間の保険会社の保険に加入した時に、オプションで何人かのホームドクターから選択するという方法もあります。

もちろん、ホームドクターのアドバイスが納得いかなければ、自分の判断で病院を決めることも可能です。

結局、最終決定者は自分ですからね。

アメリカに長期滞在するのであれば、きちんと自分のホームドクターを見つけておくことをおススメします。

病気やケガなどがあった場合、急な事態にも対応してもらえるということもありますが、アメリカでは医療における専門分野が細かく分かれているため、たらい回しにされてしまうとそれぞれの病院や医師に治療費を払ったり、治療時間のみに時間を奪われてしまい結局治りが遅れてしまった、ということも起こり得ます。

日頃から、かかりつけの病院や医師のもとで、健康診断や診察などを受けるようにしておき、医師と顔見知りになっておくことが大切です。

そうすることで、医師も自分の体の特徴や健康状態を把握でき、急な事態があった場合にもスムーズに対応してもらうことができます。

 

まとめ

医療事情については、日本と異なる点や制度が多くあり、アメリカで生活する際には、その医療制度をよく理解し適応することが重要になってきます。

知識として頭に入れておくことや、前もって事前準備をしておくことで、急な事態にも落ち着いて対応できるので、長期に滞在の場合には医療制度のポイントをしっかり押さえておきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です