アメリカでお葬式に参列する際の正しいマナーは?お香典&服装について解説!

アメリカのお葬式マナー!日本のスタイルとの違いは?

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカでの留学生活の中で、お葬式に参列するといった場面に出くわすかもしれませんよね。

しかし、急なことで一体どんな服装で出席するべきなのか?葬儀の流れはどんな感じ?日本のように香典は準備しないといけないの?と、分からないことだらけだと思います。

実際、日本は仏教で、アメリカはキリスト教ですので、その葬儀のスタイルは異なることが多々あり、参列してから驚かされることも多いでしょう。

そこで、今回は参列前に事前に知っておくべき、アメリカのお葬式マナーと日本のお葬儀スタイルとの違いについて紹介していきたいと思います。

 

どんな服装で参列したらいいの?

日本では喪服を着用し、男性も女性も全身を黒一色で統一させる、というのが一般的なルールです。

しかし、アメリカでは、喪服のような黒い服装で服を統一させるといった習慣ははありません。
では、どんな服装が良いのか?どんな服装でも良いのか?

基本的には、場をわきまえた格好や落ち着いたカラーの服装であれば、大丈夫です。

男性は白や黒のシャツと、ブラック、グレー、ネイビーのスーツ姿に無地ネクタイといったシンプルな服装がベターですが、急な場合で用意ができない場合などは、ダークカラーのカジュアルなもので参列しましょう。

日本の喪服のようなイメージでいくと、周りの参列者と比べてカッチリし過ぎて、少し浮いてしまう可能性もあります。

また、女性も基本的にはブラックカラーの服になりますが、色味やデザインが派手でなければOKなようで、モノトーンの小さなドット柄やレース柄などを着用しても大丈夫なようです。

「派手過ぎでなければ大丈夫」というのがアメリカ式のようですが、日本人からみたら、ちょっと考えられませんよね。

 

お香典は持って行くべき?

葬儀の際、日本ではお香典を準備し、遺族の方にお渡しするようになりますが、アメリカに「お香典」という習慣はありません。

その代わりに、葬儀の際には、Sympathy Cardと呼ばれるお悔やみの言葉を綴った、グリーティングカードをお花と一緒に添えて贈ったりするのが一般的なマナーです。

カードにはお悔やみのメッセージを一言添えても良いですし、すでにメッセージが書かれたカードが売られていますので、その場合には自分のサインを書いて渡します。

また、カードにお金を入れて渡す場合もありますが、故人の意思で、チャリティーへの寄付を希望する場合も少なくないので、そうした場合には、遺族に確認をした方が良いでしょう。

また、カードやお花以外にも、故人と親戚関係、親しい間柄だった際には、手作りの料理を持って行くこともあります。

手作りの料理の場合もあれば、ケーキやクッキーなどもを持っていく場合もあります。
お花については、どこで手配すれば良いのか?

もちろん、近所のお花屋さんでも大丈夫ですが、今はネットで購入できるので、遠方にいて参列できない場合や急な訃報で助かりますよね。

お花を贈る場所ですが、Viewingのおこなわれる葬儀場やお葬式のおこなわれる教会宛にお花を贈れば大丈夫です!

 

お葬式の流れ&雰囲気は?

訃報に関する広告への掲載

日本では訃報の連絡をする場合、電話やハガキなどで行われますが、アメリカでは人が亡くなった際に訃報に関する広告を出すのが一般的です。

日本では、一般人が訃報に関する広告を出したりすることはありませんが、アメリカでは遺族が掲載することが多く、アメリカでは毎日、専門広告の欄が、一般家庭でもチェックされているようです。

訃報の連絡を受けた場合には、追悼のメッセージを記したカードなどを送りします。

 

通夜(Viewing)

日本のお葬式では、亡くなった日の翌日に通夜おこなうのが一般的ですが、アメリカでの通夜は、ビューイング(Viewing)と呼ばれ、葬儀場でおこなわれます。

このViewingでは、故人に別れを告げ、遺族と話をして時間を過ごします。

あまり親しい間柄でないなら、Viewingに参加するだけでも問題ありません。

Viewingの際は、キリスト教のようにお祈りをしなくても、手を合わせているだけでも大丈夫です。

 

葬儀(ミサ)

ミサと呼ばれる葬儀は、Viewingの翌日に葬儀場や教会で行われます。

これは、アメリカのドラマや映画などでも見たことがあると思いますが、神父や牧師の話を聞いたり、聖歌斉唱をおこなったりします。

 

埋葬

埋葬は訃報の広告に注意書きが無ければ、参列者も参加できることになっています。

墓地まではリムジンカーで棺桶を運びます。

日本とは違い、アメリカでは、霊柩車が最優先であり、他の車は、道を譲ります。

亡くなった方を敬う意識が、日本とはこのあたりが大きく違いますね。

墓地に到着すると神父・牧師の話を聞き、黙祷した後に埋葬をおこないます。

 

会食

埋葬が終わると、教会に戻り遺族、参列者で会食をおこないます。

このあたりは、日本の葬儀とよく似ていますね。

教会近くのレストランなどで、ケータリングを頼んだり、食べ物を持ち寄ったりして話をしながら食事をします。

 

まとめ

日本とは異なるアメリカのお葬式スタイルは、いかがでしたでしょうか?

故人を送り出す儀式という根本的なものは同じですが、アメリカの葬儀は、日本よりもラフで堅苦しくない印象があります。

みなさんも、もしもの参列時の為に、アメリカのお葬式スタイルを事前に頭に入れておき、急な準備などで慌てたりすることのないようにしておきましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です