日本の電気機器は変圧器なしでOK?アメリカのコンセント&電圧事情を解説!

日本の電気機器はアメリカでそのまま使える?変圧器は持って行くべき!?

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカに旅行に行く際の持ち物として、携帯電話やノートパソコン、カメラなどの電気機器を日本から持参することもあると思います。

しかし、「日本製品をアメリカで使えるのだろうか?」「変圧器なしでそのままアメリカで使えるの?」といった疑問が湧いてくると思います。

日本とアメリカでは、電圧やコンセントが違うのかな?もしかしたら変圧器がいるのかも?というところまでは分かるけど、そのまま使えるのか使えないのか・・となると不安ですよね。

今回は僕がロサンゼルスで体験したアメリカのコンセント・電圧事情をまとめてみました。

現地に行ってから慌てたり、困ったりしないように、アメリカへ行く前にしっかり確認しておきましょう!

 

日本とアメリカのコンセントの形状・電圧の違いは?

まず、コンセントの形(プラグタイプは)ですが、世界で数種類あります。

その中で、一般的にアメリカのプラグタイプは日本と同じ「Aタイプ」になる為、アメリカのコンセントに日本の電気機器をそのまま挿すことが可能です。

コンセントの形状はアメリカの場合、三つ又形状である為、壁側の差し込み口も三か所の差し込み口がある場合が多いですが、日本の二又形状のコンセントであれば、問題なくそのまま使用できます!

次に、日本とアメリカの電圧の違いです。

日本の場合は100V ですが、アメリカの場合は120V200V になっています。
やはり、アメリカの方が電圧は高いんですね。

でも、だからといって、変圧器を使用する必要はないんです。

最近の日本の携帯電話やパソコンなどの電気機器は、日本以外の海外の電圧にも対応できるように入力電圧が、100V~240Vまで対応となっているものが多いんです!

そういった120Vの電圧にも対応できる電化製品であれば、変圧器は不要です。

ただし、すべての電気機器が対応というわけではないため、念の為に、変圧器は準備しておくとが安心でしょう。

基本的には日本の電気機器はアメリカのプラグに差し込み使用することができますが、使用する前に、日本の製品の対応電圧をきちんと確認しておくが、大事なポイントになります!

 

もし電圧が違ったらどうなる??最悪の場合・・

もし、電圧が違ったらいったいどうなる?

何かよく分からないけど、電流的なものを想像してしまい、ちょっと恐ろしいですよね。
でも、あながち大げさではありません。

日本の100Vの電圧に対して、アメリカの120V のコンセントに接続した場合、電気機器の故障に繋がってしまう他、最悪の場合は、火花が発生して建物の火事に繋がったりします。

これを滞在中のホテルなどでやってしまった場合は、最悪の場合、設備の故障となり、多額の損害賠償を請求されてしまうケースもありますから、十分に注意しするようにしてください。

ドライヤーなどの消費電力が高い電気機器は、変圧器を準備する必要がありますが、もし可能であれば、海外の高電圧にも対応した日本製のものを購入した方が安心ですし、確実です。

 

変圧器の選び方は?どんな時に必要?

ここで、変圧器を準備する際の選び方と、いったいどんな時に変圧器が必要になってくるのか、もう少し詳しくまとめてみました。

まず、電気機器の仕様を確認してみましょう。

「使用電源 ‐ 入力:AC100~240V
と記載がある場合には、アメリカの電圧120Vがカバーされているのでアメリカでも問題なく使えます。この場合はOKです。変圧器は不要です。

しかし、

「使用電源 ‐ 入力:AC100V
と記載があるものは、日本の電圧100Vまでしか対応していない為、アメリカで使う為には変圧器が必要になってきます。

 

ここで変圧器を選ぶ際に、注意が必要!!

 

変圧器だからといって何でもいいわけではありません。

アメリカ対応の変圧器(120V)を選ぶのですが、その次に、電気機器の消費電力を確認します。
変圧器にもその消費電力ごとにいろいろタイプがあります。

「100Wまで」「600Wまで」「1100Wまで」などたくさん種類があるので、使いたい電気機器の消費電力をカバーしているかを確認してみましょう。

ドライヤー、アイロン、電子レンジなど、高い電力にも対応する為の変圧器は日本で買うと高額なので、アメリカで購入することをお勧めします!

 

変圧器を使うとより安心!

日本の電気機器がいくら100V~240Vでアメリカの電圧にも対応しているからといって、アメリカの三つ穴プラグに長時間つなぎ、使用していると加熱してしまい故障の原因になってしまいます。

ですので、大事なデータの入っているパソコンなどの使用の際は、変圧器を通して使用すると、より安心です。

僕も、アメリカ滞在中は、アメリカで購入した変圧器で日本の電気機器を使用していたので、故障もなく安心して使うことができていました。

みなさんも、日本製の電気機器をアメリカで使用する際には、事前の仕様確認を心掛け、気をつけて製品を利用してくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です