私が体験したアメリカの運転マナー&交通ルール!お礼のクラクションはNG行為?

アメリカの運転マナー&交通ルール!日本との違いは?

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカの移動手段と言えば、「車」です。

アメリカは車社会の為、長期間の滞在ともなると、車の所有がなくてはならないものになってきます。

また、生活の中にマナーがあるのと同じように、車の運転にもアメリカ独自のマナーやルールが存在します。

今回は、そんなアメリカと日本の運転マナー&交通ルールの違いについてご紹介します。

日本で当たり前にやってきたことが、アメリカでは全く理解されなかったり、違う意味にとられてしまったりするので、アメリカで運転をされる方は、ぜひこのポイントを抑えておいていただければと思います。

 

お礼のクラクションはNG!

日本では、車を横入りさせてもらった時などに使う、お礼の意味のクラクションですが、これをアメリカでやるとNGです。

そもそも、アメリカには、お礼の意味のクラクションというのは存在しません。

アメリカに来て驚いたのは、とにかく頻繁にクラクションを鳴らすということです。

赤信号から青信号に変わって少しでもスタートが遅れると、後ろの車からクラクションを鳴らされたり、車線変更で少しでもあたふたしようものなら、クラクションを鳴らされます。

最初は、この光景に慣れず、運転を卑屈に感じることもあるかもしれませんが、ちょっとしたことでクラクションを鳴らすのは、ロサンゼルスでは当たり前です。

ですので、もし、道を譲ってもらったりしても、ありがとうの意味のクラクションはアメリカでは使用しないでください。

アメリカ人には反対の意味に捉えられてしまいます。

 

お礼のハザードはNG!

日本では運転中に道を入れてもらったりした際に、お礼の意味で使われるハザードですが、これもアメリカではNG行為です。

アメリカではでハザードは「エマージェンシーライト」としての目的で使われ、故障で車に異変があった際や、動かなくなった際などの緊急時に使用されます。

以前、僕はホストファミリーを助手席に乗せて、運転中に、ついうっかり、日本の癖でお礼のハザードを点滅させてしまったことがあります。

ホストファミリーも慌てて、「何かあったの?」とその行為に一瞬驚かせてしましました。

みなさんも、アメリカに来てからのこんな「うっかりハザード」は、同乗者や周りの車を驚かせる原因になりますので、くれぐれも気を付けてくださいね!

 

踏切前で一旦停止をしない

これは、運転マナーというか、交通ルールです。

日本の交通ルールでは、電車の踏切前で一旦停止するにが交通ルールになっています。

しかし、アメリカでは、踏切前で停止するといった交通ルールはありません。

ですので、アメリカで、ついこれをやってしまうと、後ろから来る車に追突される危険性もあります。

踏切があっても一旦停止はしないよう、注意して進みましょう。

 

パーキングは前からつっこんで駐車するのが当たり前!

日本では、駐車の際に、出発の際に出やすいようにするなどの理由からバックで駐車するにが一般的です。

しかし、アメリカは駐車スタイルは頭から入れる前向きスタイルが当たり前です。

理由としてしては、アメリカは、駐車スペースが広いので、日本のようにわざわざバックで駐車して頭から出発するといった理由がないようです。

アメリカに来て、最初はついついバックで駐車しそうになってしまいますが、周りの車があまりにも頭から駐車している為、つぐにそのスタイル慣れてしまうと思いますよ。

 

赤信号でも右折可能

 

 

アメリカに来て最も便利だなと思った交通ルールが、この「赤信号でもいつでも右折可能OK」というルールです。

アメリカの信号付きの交差点のほとんどは、一旦停止をして、歩行者や車を確認しながらであれば、赤信号でも右折可能です。

しかし、その中でも、「NO TURN ON RED」の標識が出ている場合については、右折できませんのでご注意を!

またアメリカ全土がOKというわけではなく、赤信号右折が禁止されている地域もありますので、州ごとのルールを必ずチェックしましょう。

個人的な意見ですが、この赤信号でも注意しながらであれば曲がれる、という交通ルールは、とても便利なので、日本でも採用してもらえないかな。。。と思いました。

交通事故などに注意が必要ですが、渋滞の緩和にも効果があり、良い方法だと思います。

 

黄色信号に注意!!

アメリカの黄色信号は注意が必要です。

その理由は、日本に比べて、黄色の間隔がとても短く、すぐに赤に変わる地域もあります。

黄色だからまだ大丈夫・・・と安心して通過しようと思った瞬間に赤に変わり、反対側の交差点は青に変わったりすることもあるので、一歩間違えればとても危険です。

黄色信号については、慣れるまでは赤信号と同じ意識で思っていてください。

また、州や地域によっても黄色の間隔が異なる場合がありますので、そのあたりも十分に注意するようにしてください。

 

まとめ

アメリカと日本では、交通マナーや交通ルールに大きな違いがあり、ドライバーにとっては最初は慣れない運転の中で躊躇することも多いと思いますが、アメリカで生活する上での知識として、ぜぜひ知っておいて頂ければと思います。

くれぐれも交通事故等には注意をしながら、アメリカでのドライブを楽しんでください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です