アメリカ4年制大学へ編入する留学ルートは?ELSランゲージセンターについて解説!

アメリカ4年制大学へ編入するための留学ルート!ELSを徹底解説!

 

 

こんにちは、テツシです。

留学にもいろいろなスタイルがありますが、自分は語学学校だけではなく、ゆくゆくはアメリカの4年制大学で専門的な勉強をして知識を身につけたいと思っている人も、多くいると思います。

「でも、自分は今の英語レベルでは、大学の授業になんかついていけないし、どうすればいいの?」

 

大丈夫です!

 

そんな方には、ELS Language Center(ELS ランゲージ センター)へ、まず入学することをおススメします。

ELSは、大学進学を目指している生徒が多く在籍する語学学校で、大学キャンパス内に施設がある為、大学への編入をとてもスムーズにおこなうことが可能です。

今回は、夢のアメリカ4年制大学へ向けての、僕がおススメする留学ルート『ELS』について、詳しく紹介していきます。

 

ELSってなに?語学学校との違いは?

ELS Language Center は、1961年の設立以来、120万人を超える受講生をサポートしてきた長い実績があり、語学学校として質の高い教育プログラムが魅力的で、評判も高い、アメリカ国内で最も大きな規模を有する英語教育機関です。

アメリカ全土に54ヶ所センターがありますが、他にもカナダに2ヶ所、オーストラリアに1ヶ所あります。

アメリカでは、多くの語学学校は西海岸(シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルスなど)や東海岸(ボストン、ニューヨークなど)にセンターを持っていますが、中西部や南部などアメリカ全州にセンターを持っているのは、ELSだけです。

また、アメリカのセンターの多くは大学キャンパス内に位置しているため、大学の施設を使用したりできるだけではなく、英語レベルが規定に達したらその大学へ編入したり、大学の授業を受講してて単位を取得したりできるなど、大学との繋がりが強く、大学キャンパス内に位置する語学学校というアドバンテージが最大の魅力です。

通常の語学学校との違いは、何と言っても、大学を目指している生徒が多いという点です。

僕が通っていたような通常の語学学校は、英語を一定期間勉強して帰国・・という生徒が多いですが、このELSでは、世界各国で650校以上の大学やコミュニティカレッジ(短大)と提携しているため、条件付き入学許可書を取得することが可能で、ELSで特定のレベルを修了するとTOEFLなしで、大学に出願することができます

外国人がアメリカの大学や短大に入学するには、通常、TOEFLのスコアが必要条件となりますが、ELSのプログラムは教育プログラムが高く評価されているので、大学側が、英語力を証明するTOEFLスコアの代わりに、ELSのレベル修了証書を受け入れているんです!

通常の語学学校へ留学した場合、途中、大学へ編入しようと思っても、TOEFLテストの勉強をしなければいけなかったり、編入手続きがややこしかったり、いろいろ現実的に大変ですが、このELSであれば、大学への入学もスムーズになり、英語レベルも向上し、編入も容易になります。

 

大学進学に向けて選ぶべきコースは?インテンシブアカデミック英語(EAP)プログラム!

ELSでは、さまざまなコースが提供されています。

その中で、大学進学を目指して、英語力を効率的に伸ばしたい人におススメのコースが、『インテンシブアカデミック英語コース(English for Academic Purposes:EAP)』です。

このコースでは、参加資格は特になく、英語初心者から参加が可能です。

レッスンは、週30レッスン(1レッスン=50分)で、月曜~金曜でおこなわれています。

このコース内容の特徴は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、発音、語彙力などの英語スキルをアップし、正確かつ効率的にコミュニケーションを取ることができる力を身につけることができます。

クラスの中では、実用的な英語を使って、実践的な英会話スキルを身につけることができるほか、スキル教化クラスにおいては、アカデミックスキル(ノートテーキング、スピーチ、ディベート、プレゼンテーションスキル)の習得が可能で、大学へ進学した後に必要となる実践的スキルを学ぶことができ、進学においてはかなり役立つ授業内容です。

EAPレベル112修了大学および大学院に、またはEAPレベル109修了コミュニティカレッジ(短大)に進学することができる英語力があると認められ、このEAPはアメリカの多くの大学やコミュニティガレッジで認可されています。

EAPは、一般の英語コースより、かなり難易度も上がりますが、進学した後に必ず役立つ実践的な英語コースです。

 

まとめ

ELSの特徴は、大学内に施設があるため、大学の図書館やスポーツ施設をフルに活用できたりするほか、アメリカの学生たちと交流できる機会も多いのもメリットです。

アメリカの大学やコミュニティカレッジ(短大)への進学を目指している人は、是非、ELS Language Center への入学を検討されてはいかがでしょうか。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です