私がアメリカの食事マナーで恥をかいた理由!レストランでの正しい振舞いは?

レストランで恥をかかない為に・・知っておくべきアメリカの食事マナー!

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカでの生活の中で、日本と異なる文化と言えば食事です。

アメリカ人と食事を共にしながら、その文化や習慣にも上手く適応する為には、食事の際のマナーを知っておく必要があります。

僕もアメリカに到着したばかりのころは、まだ要領も分からず、アメリカの食事マナーというの気にもせずに食事をしていました。

でも、ある日、ホストファミリーとレストランに行った際、一言言われたんですね。
「恥ずかしいから、やめなさい!」と・・・

なぜ怒られてしまったかは後程説明しますが、普通に日本でやっていた行為が、アメリカではマナー違反だったります。

それで、振り返ってみると、自分が今までやってきたことが恥じるべき行為だったことに気が付きました。

直接は言われなかったけど、

アメリカ人から「この日本人は・・・」と冷めた目で見られていたのかと、反省したんですね。

アメリカ人は温厚でフレンドリーな性格ですが、こうしたマナーは意外とチェックしていますし、
食事マナーは特に目につき易い場面です。

日本人としても恥ずかしくない行動をするべきだなと。。

今回は、そんなアメリカの食事の際、恥をかかない為に、必要となるマナー、レストランでの正しい振舞いについてまとめてみました。

 

レストランでのコミュニケーション方法!正しいウエイトレス&ウエイターとのやりとりは?

日本では居酒屋などで、オーダーを取る際に「すみませーん!」と店員さんを読んだりします。

店員さんが、忙しく聞こえないようだと大声で手を挙げて叫んだりしている人もいますが、アメリカではこれをやると完全にマナー違反です。

決して、大声で「Excuse me!!」なんてウエイトレスを呼ばないでくださいね。

って、前述した、怒られた話は、僕がオーダー時につい居酒屋の癖で、これをやってしまった為、周りが一瞬「シーン」となったんですね。

それで、案の定、ホストファミリーにそのマナー違反を怒られてしまいました。

正しいやり方としては、ウエイトレスやウエイターが気付くようにアイコンタクトをしたり、軽く手で合図を送ったりするくらいにしておいて、声は出さないようにしてください。

また、アメリカのレストランでは、必ずテーブルごとに担当ウエイトレスまたはウエイターが決まっています。

これは、ウエイトレス、ウエイターはテーブルごとにチップをもらう担当になっているからです。

ですので、日本では、誰かれ構わず近くにいる店員さんに声をかけたりしますが、アメリカでは最初にテーブルを担当してくれた人に声をかけるようにしてください。

もし、そのウエイター、ウエイトレスが、他のテーブルも掛け持ちして忙しそうにしている時には、少し待つようにして、その人を無理に呼んだり、別の人を呼んだりするのもやめましょう。

その心遣いもアメリカの食事マナーのうちの一つです。

 

お会計を頼む時の表現は?

食事後にお会計を頼む際、日本では「お会計をお願いします」と店員さんを呼びます。

では、アメリカではどのような表現が正しいのでしょうか。

表現方法は2パターンあります。

1.ウエイトレス、ウエイターが近くにいる場合

「Check Please.」

「Can I have the check please ?」

2. ウエイトレス、ウエイターが遠くにいる場合

・左手を紙に見立てて、それを右手でサインしているジェスチャー

・手でチェックサインを書いているジャスチャー

これでお会計の合図は大丈夫です!

レストランでの正しいチップの相場は?

レストランで働く友人に話を聞くと、アメリカのウエイトレスやウエイターは、日本人の担当テーブルになると、「今日はアンラッキーだな」って思うそうです。

それは、きちんとしたチップの額を置いて帰らないから・・

チップの額がとても低かったり、時にはチップさえ、置いて帰らなかったりするお客さんもいるそうなんです。

日本人はもともとチップの習慣はなく、レストランでウエトレスやウエイターから接客のサービスを受けるのは当たり前だと思っていますが、食事している場所が、アメリカだということを決して忘れないないようにしましょう。

では、レストランでの正しいチップの金額はいくらか?

会計時の金額の20%は払っておくことがマナーのようです。

よくインターネットやガイドブックなどに10%-20%と記載がある為、日本人は10%でいいと勘違いしてしまうみたいなんですよね。

実際には最低でも20%は支払うのが、一般的で正しいようでした。

ただ、実際はそんな大した接客サービスも受けてないのに、$10の食事に対して、$2も支払わないといけないのかとあまり納得できないようなお店もありますが、アメリカでは習慣でマナーですので、大目に見ましょう。

 

まとめ

正しい食事マナーを身につけることは、アメリカの生活や習慣に慣れていく上では必要不可欠になります。

自分が後悔しないように知っておくことも大事ですが、相手に不快な思いを与えない為にも、最低限の知識として身につけておくことをお勧めします。

マナーを知ることで、より充実したアメリカでの生活にしていただけたらと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です