アメリカのチップ場面別の相場&払い方は?支払わないとマナー違反!

チップは必ず支払うべきもの!払わないとどうなる?

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカ旅行に行かれる場合、不安要素の1つになってくるのが『チップ』だと思います。

チップは日本にはない大きな文化の違いですので、「いったいいくら支払うの?」「どのタイミングで支払うべきなの?」とか「この場合は支払うの?」といった疑問が湧き出てくると思います。

僕がアメリカへ留学した際にも、このチップについては、はっきりした決まりがないことから、苦手意識がありましたし、払っても払わなくてもいいものなのでは?と勘違いをしていました。

みなさんもここは注意をしておいてくださいね!

基本的にアメリカ人の感覚では、チップは「出して当たり前」ということになっており、知らずにチップを出さないでいると、失礼に値する行為になってしまいマナー違反になってしまいます。

というか、チップを払わないという選択肢はありません。

それでは今回は、そんな知らないと痛い目を見てしまう、知っておくべきアメリカの伝統的文化、チップについてまとめてみました。

 

チップの支払いが必要な場所は?

では、まずチップはどのような場面で支払う必要があるのでしょうか。

基本的に担当者がついて個別にサービスをしてくれるところや、自分の荷物を預かってくれるなど、プラスアルファのサービスを提供してくれるところ、人に何かをしてもらう場合はすべてチップが必要と考えておいてください。

具体的には次のような場面です。

・レストラン

・タクシー

・ヘアサロン/ネイルサロン、エステ

・ホテル(ルームサービス、ベルボーイ、ルームクリーニング)

・バー

とにかく人に何かをしてもらった場合に、お礼や感謝の意味を込めて、チップを支払うと覚えておきましょう!

 

チップを払わなくてもいい場所

念の為、チップを払わなくてもいいシチュエーションも抑えておきましょう!

・各種ショップ全般

・ファーストフードやフードコート、コーヒーショップ

・チケットの販売店

・コンビニ、売店など

このように、自分で商品をレジの店員に持って行くような場所にはチップはいりません。

 

支払うべき金額&支払い方について

それでは、気になる支払うべき金額とその際の支払い方について、シチュエーション別に確認していきましょう。

バー : バーやナイトクラブでは、飲み物をオーダーするので、ドリンクの注文毎に$1を支払いましょう。大勢の分をまとめて支払う際は、$5程まとめて支払っても大丈夫です。

ホテル(ベルボーイ) : ベルボーイは荷物を移動してくれたりします。かばん一つにつき$1~5を支払うと良いでしょう。ホテルのグレードや料金によってそれにあったチップを決定すると良いでしょう。

ホテル(コンシェルジュ) : コンシェルジュは交通機関の予約、病院の手配まであらゆる手続きをおこなってくれます。サービスをしてもらった際に$5以上を支払いましょう。

ホテル(ルームクリーニング) : 一晩ごとで、$1~3を枕元に置いておくようにしましょう。

タクシー : 運賃の15~20%を支払いましょう。現金で支払う場合には、降りる際にチップを運賃の15~20%程を乗せて支払い、チップ用に細かい紙幣などがない場合には、「Give me ~ dollars, please」といってお釣りを貰うも良し、「Keee the Charge」と言ってお釣りをすべてチップとして払うこともできます。

レストランのウェイター : 食事代の20%を支払いましょう。食事の代金にチップをのせ、机の上に置いておくのが良いでしょう。レストランによっては代金にすでにチップが含まれている場合があり、「Tips included」もしくは「Gratuity included」と記載されているものもありますので、注意しましょう!

また、タクシーやレストランの場合は、現金以外にもクレジットカードで代金と一緒にチップを支払うことも可能なので、覚えてしまうと、お釣り手間も省けて、そちらのほうが簡単かもしれませんね。

サービスやシチュエーションによって、チップの相場も異なっていますので、一つ一つ覚えるのは大変ですが、代金の15%がチップとだけ覚えておけば、問題ありません。

 

チップ制度が廃止になる!?アメリカ人が感じる不快感とは?

アメリカではチップを支払わないと「マナー違反」「出して当たり前」と前述した通り、チップはアメリカの代表的な文化の一つになっています。

しかし、近頃は、アメリカ人の中でもチップ習慣の存続是非などについても話題になっているようです。

接客担当者だけがチップをもらるシステムや慣れない外国人が携帯でチップ額を計算したりと不便に感じる旅行者が多くなってきていて、チップ制度自体に不快感を感じているアメリカ人が多くなってきているんですね。

日本人からしたら、実はアメリカ人が、チップを不快な習慣と感じているんだなと、それだけで驚きです・・。

ただ、チップは感謝の気持ちを込めて相手に渡すアメリカのマナーですので、アメリカに行かれる際は、是非これらをチェックしておいてくださいね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です