留学を成功させる為に必要な生活習慣とは?体調&メンタルを整える3つの習慣!

留学生活で必要となる3つの習慣

こんにちは、テツシです。

みなさん「留学生活をはじめるぞ!」と意気込んで、海外での生活をスタートされることと思います。

しかし、その環境や生活スタイル、食文化は各国や地域によって様々で、語学勉強の前に、まずは現地での生活に慣れるところからのスタートになると思います。

日本とは異なるその文化や生活習慣は、最初は慣れるまで正直キツイと思いますし、その変化に対応できず、体調やメンタル面にも悪影響を及ぼす可能性だってあります。

出だしのスタートに乗り切れず、結果的に留学を失敗してしまった・・なんてことのならないように、今回は海外生活において大切となる3つの習慣について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 

適切な食習慣

食生活は最も体内に影響を及ぼす習慣と言っても、言い過ぎではないかもしれません。

海外に行くと食文化の違いから、好き嫌いが激しくなり、食べれるようなものしか食べなくなります。

それでは、バランスのとれた良い食事とは決して言えません。

また、僕が留学したアメリカは、ジャンクフード大国で、ハンバーガー、ピザ、ホットドック、ドーナツ etc.. 高カロリーでこれ食べたら、そりゃ太るわ!みたいな食べ物ばかりで溢れています。

というか、そういうものしか見当たりません。

でも、味は実際美味しいので、ついつい食べてしまうんですよね。。

僕も実際太りましたし、周りの留学生も、見てすぐわかるくらい、アメリカに来たばかりの時より、太っていました。

恐らくアメリカに留学する学生は、気を付けない限り、必ず太ると覚悟しておいた方がいいと思いますよ。

僕は、もともと太る体質ではなかったにも関わらず、アメリカに来て太ったのを実感して、自分で驚いてしまいました。

アメリカで生活しているから仕方ない・・ではなく、やはり、こうした食生活が体調の崩れや疲労感・ストレス、また集中力の欠落にも繋がり、よくありません。

僕は定期的に、アメリカにある日本のスーパーに行って、野菜や日本食を買い、簡単な野菜炒めやお好み焼きなど、ヘルシー料理を作って食べたり、時にはホストファミリーにも振舞ったりして、栄養を取るようにしていました。

こうすることで食費を抑えることもできます!

Sponsored Link

 

適切な運動習慣

食習慣の見直しと並行して、適度な運動も取り入れるようにしましょう。

留学当初は、なかなか、そういったスポーツをする場所も分からなかったり、仲間もおらず、機会には恵まれませんかもしれませんが、少し生活に余裕が出てくると、語学学校の仲間たちと運動とサークル活動などを楽しむこともできると思います。

やはり慣れない土地では、異国の人たちと生活を共にし、言葉もお互いたどたどしく、ストレスも溜まったりしますが、スポーツは国境を越えます。

これ、ホントです。

僕は、サッカーという特技があったので、言葉が通じずとも、すぐに繋がりができ仲良くなることができました。

スポーツはそういった効果も生みますね!

話は戻りますが、、別にサッカーのような激しいスポーツでなくてもいいんです。

毎朝少し早めに起きて、簡単なジョギングやウォーキング、ストレッチをするなど、少し汗をかくだけでも気持ちがリフレッシュして、心の状態が良好に保てます。

また、食生活で乱れた身体を整えるための対処法にもなりますし、運動によって良い一日のスタートが切れますので、ぜひ運動は取り入れてみてください。

アメリカの朝をジョギングするというのは、誰にでもできる経験ではありませんし、景色を堪能しながら、本当に気持ちいいですよ!

Sponsored Link

 

適切な睡眠習慣

食べて、運動して、ときたら・・次は「睡眠をとりましょう」ということです。

適切な睡眠時間の確保は留学生活においても、もちろん大切です。

留学先では、毎日が楽しい日々の為、寮に住む友達がいれば、夜遅くまでパーティなどをして過ごしたりして、何かと夜更かしをしてしまいがちになってしまいます。

留学生活を楽しんでいるので、それはそれで良いのかもしれませんが、楽しいからと言って、留学の根本の目的を忘れないでください。

語学学校の授業に差支えがあるようでは、パーティの意味も全く意味がありませんし、高い授業を払って留学していることがもったいありません。

いつも同じ時間に就寝し、全く同じ時間に起きるということをパーフェクトでおこなうことは難しいかもしれませんが、できる限り、自分の生活スタイルを確立させ、ルーティン化させていくことをお勧めします。

就寝時間を決めることで、毎日決まった睡眠時間を確保できますし、逆算して寝る前の復習&予習も慌てずに行えます。

また、きちんと睡眠時間を確保できれば、朝は同じ時間に目が覚めて、朝の運動時間を取ることもできるので、一石二鳥になります。

Sponsored Link

 

まとめ

これらの「食習慣・運動習慣・睡眠習慣」は、海外だから大切という訳ではなく、日本に暮らしていても大切な習慣ですし、世界共通の基本的な3要素です。

しかし、海外に住むことで、生活が変化することで、日本では普通にできていた習慣が、留学先ではできなくなることもあります。

そんなときは、留学先で、この3つの習慣改めて見直し、生活習慣を整え、自分のスタイルを確立させてみてください。

そうすることで、体調面やメンタル面もより充実し、快適な留学ライフを送ることができますよ!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です