アメリカでの医療費は健康保険でカバーできる?海外療養費制度で全額返金術

健康保険・国民健康保険は適用できる?

 

 

こんにちは、テツシです。

アメリカに長期滞在する場合、風邪や病気、怪我の心配が出てきますよね。

特に、アメリカに到着して間もない頃は、現地の気候や環境にもなかなか慣れず、体調を崩してしまいがちになります。

そこで、今回は留学先立で役立つ、アメリカの病院事情について紹介していきたいと思います。

 

まず、気になる保険に関してですが、アメリカの病院にかかる際は、日本の健康保険は適用外になりますので、その場では使えません。

ですので、あらかじめ、留学保険に加入しておくのは必須です。

アメリカの医療費はたかが風邪でも高額ですからね。。

薬の処方、治療、手術ともなると、何十万、何百万もの金額を請求されてしまう可能生だってあります。

 

 

海外療養費制度ってなに?

 

また、あまり知られてはいませんが、日本で健康保険国民健康保険などに加入している方は、海外滞在中に支払った医療費を「海外療養費」として、帰国後に請求できる制度があります。

保険会社によっては、治療費、薬代、手術代など、すべて請求でき、ほぼ全額返金してもらえる、意外に知られていない制度なんです!!

僕は、留学中、風邪で病院に行った際、留学保険を使用しましたが、この制度のことも知らなかったし、健康保険でも大丈夫なことに、後々気が付きました。

もし、留学保険に加入し忘れたという方は、こんな方法も、知っておくと、役立ちそうですねぇ。

 

日本人医師が開業する病院

 

アメリカでの留学生活が始まったら、あらかじめ、近隣の病院をいくつかピックアップしておくことをお勧めします。

僕の留学先であった、ロサンゼルスの場合、調べたところ、日本人医師が多く開業している病院が多くありました。

やはり、いきなり海外の土地で外国人に診察してもらうのは抵抗がありますし、英語が不慣れで、自分の症状をうまく先生に伝えることができないと思う人は、こうした日本語が通じる病院に行ってみるのが、安心だと思いますよ。

僕も一度、日本人医師のクリニックで診てもらいましたが、けっこう気さくな人で、普通に日本にいるお医者さんって感じの方にあたり、安心して診てもらえました。

 

事前予約は必須!!

 

また、アメリカの病院は、ほとんどが予約制で、基本的には、ドクターとの面会やアポイントメントを終えてからの受診になります。

ですので、いきなり病院を訪れても、なかなか診てもらえません。

人気の病院はなかなか予約が取れなかったりするので、ご注意を!!

アメリカで生活する上で、病院のお世話にならないことが一番ですが、何かあった時のために、慌てずスムーズな対応が出来るよう、あらかじめ、下調べをし、近隣の病院について詳しく調べておくことが大切でしょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です