留学中、私が実践したアクティブボキャブラリーの増やし方&その重要性!

ボキャブラリーだけ増えても英会話力は上がらない?

 

 

こんにちは、テツシです。

英語力を高める上では、豊富な語彙の習得は重要です。

スピーキングにおいても、リスニングにおいても、文法はたとえ分からなくても、ボキャブラリーさえ知っていれば、なんとか理解できますよね。

僕がアメリカ留学を決め、日本で留学の準備としての英語勉強を始めたときも、まず語彙力を高めることから始めました。

とにかく、頭の中でボキャブラリーを増やすことが、英会話の上達に繋がると思い、単語カードを使って、とにかく毎日、頭の中にインプットしまくりました。

…でも、この方法って、少し間違いだったんですよね。

というか、ボキャブラリーさえ増えれば、英語力が向上するかというと、そう簡単にはいきませんでした。

その理由は、いざ、アメリカ留学となり、現地で実践となると、勉強したボキャブラリーが使い物にならないんですよね。

読んで意味を理解することはできても、会話の中で全く使えないし、その単語をいきなりポロっと言われても、頭の中でピンとこないんですよね。

これじゃ、意味ないじゃん!

Sponsored Link

パッシブボキャブラリーとアクティブボキャブラリーってなに?

 

じゃあ、何故あれだけ勉強したボキャブラリーが使えなかったのか?

その理由は、パッシブボキャブラリー(Passive Vocabulary)アクティブボキャブラリー(Active Vocaulary)という異なる語彙によるものでした。

まず、パッシブボキャブラリーとは、「知ってるけど使わない、使えない、使いこなせない」ような単語です。

そして、アクティブボキャブラリーとは「理解もできるし、使うこともできる」単語のことです。

ボキャブラリーは勉強しているはずなのに、いざ実践で使えないというのは、このパッシブボキャブラリーが増えているのに、アクティブボキャブラリーが増えていないから・・ということになります。

英語では会話の中で、その場その場にあった、表現やボキャブラリーを使用します。

本に書いてあることを単語カードでは、勉強できていても、その単語を普段の生活の中で使うことができないと意味がありません。

アクティブボキャブラリーにしないと意味がない、、いうことです。

Sponsored Link

アクティブボキャブラリーを増やすには?

 

では、アクティブボキャブラリーは、どうやったら増やすことができるのか。

僕は留学中、自分の使えるボキャブラリーを増やすために、とにかく覚えた語彙を生活の中で、無理やりにでも使ってみるということを実践しました。

この使い方は、違っているかも・・と思いながらもとにかく、インプットした語彙をアウトプットしまくる

そうすれば、自然と使い方もパターン化されてきますし、語彙も自分のものになってきます。

しかし、使わない限り、パッシブボキャブラリーはアクティブボキャブラリーにはなっていきません。

そのことを念頭におき、日頃の生活でインプットしたものはアウトプットするというとつけ、あなたの使える語彙、アクティブボキャブラリーをどんどん増やしていってください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です