私が米留学中に2週間で運転免許を取得した方法&コストを解説!

アメリカでの運転免許は2週間で取得できる?その採点方法は?

 

 

こんにちわ、テツシです。

アメリカ留学をおこなう上で、生活の中の必需品と言えば、やはり車です。

ニューヨークなどの都市部に行けば、地下鉄での移動も便利ですが、アメリカのたいていの地域では車での移動が基本となり、車があるのとないのとでは、その行動範囲も変わってきます。

生活の中で、自由に行動して、多くの場所に行きたいのであれば、自分で車を運転したい!って考えになってくるはずです。

そうなってくると、必要になってくるのが運転免許の取得です。

外国人の場合は、州によってその決りは異なりますが、合法に滞在していることを示すビザがなければ、試験を受けることができません。

その変わり、免許の取得といっても、日本のように、学科が難しくかなり勉強が必要・・、とか仮免に落ちるかも・・、なんて不安はあまり持たなくても大丈夫です。

僕がアメリカで運転免許を取得した際は、2週間で筆記試験から合格まで、簡単に進むことができました。

日本の場合は何か月もかけて、運転免許を取得するのに対し、アメリカでは2週間で免許を取得できてしまうんだから驚きました。

これは、別に日本ですでに運転免許を持っていたからスムーズだったといことではなくて、一般的な話みたいです。

日本では、学科など交通ルールについて勉強する時間が多く必要になるのに対し、アメリカでは、運転の技術である実技が採点のメインになってきます。

要は、運転の技術さえ、上手ければ、大丈夫ということですね。

アメリカにも仮免許といものがあり、最初の筆記試験に合格すると、その仮免許を取得することができます。

そうすれば、助手席に免許取得者を乗車させて、一般道で運転の練習をすることも可能です。

僕も、仮免許を取得した際に、ホストファミリーに助手席に乗車してもらって何度か運転の練習がてら、語学学校までの往復を自分で運転し、練習していました。

やっぱり、アメリカ人の免許取得者が助手席にいると、いろいろとアメリカの交通ルールも教えてくれるし、運転技術のアドバイスもくれ、心強いんですよね。

 

アメリカでの運転免許取得にかかる費用は?

 

運転免許の取得費用についても日本とは大きな差があります。

日本では自動車学校に通うのに、数十万は必要ですよね。

アメリカではそれが数十ドルで取得できてしまいます。

でも、これって、よくよく考えると、アメリカの交通社会ってかなり危険なんじゃないかなと・・。

アメリカ人たちはドライビングスクールで、交通ルールをあまり教わっていない為、標識やルールを無視しているというよりは、もしかして知らないんじゃないかなと思います。

これも、ある意味、アメリカでのカルチャーショックのうちの一つです。

アメリカでドライバーズライセンス(運転免許)を取得することは、複雑なことではなく、容易なことです。

ただ、アメリカの車社会、交通ルールは日本とはかなり異なっていることを必ず考慮して、事故のないよう十分に注意して運転をおこなってください。

アメリカで運転ができるようになれば、世界も広がり、より留学生活も楽しむことができます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です