初心者のアメリカ語学留学!半年間でTOEICは300点アップできる?

留学前にTOEICスコアはどれくらい必要?

 

 

こんにちは、テツシです。

全世界で実施されている「英語コミニュケーション能力」を評価する万国共通の国際テストと言えば、いわずと知れたTOEICですね。

これから留学をしてみたいと考えている人や、英語に興味を持っている人なら、1度は受講したことのあるテストではないでしょうか。

このTOEICはスコアによっては、今や就職活動にも活きてきますし、留学する際、クラス分けをおこなう時のレベル分けにも、必要となってきます。

一般的な話ですが、留学前にいったいTOEICスコアってどれくらい必要なんでしょうね。

それから、海外への留学で、どのくらいスコアって、伸びるものなんでしょうか。

今回は、そんな留学前のふとした疑問についての経験談を自分なりに書いてみたいと思います。

まず、僕のアメリカ留学直前のスコアは、420点でした。

これは、日本人大学生には平均的なスコアですが、ビジネスなどに使えるような実用的なレベルではなくて、日常会話でなんとか使えそうな程度のレベルでした。

自分的にも実用的レベルからは程遠い状態だったと思います。

僕はスコア420で留学しましたけど、決してそれくらいないと留学できないってわけではないですからね。

語学留学には各レベルのクラスが準備されていますので、300点でも200点でも、もちろん100点でも留学はできます。

でも、スコア100点や200点で留学するのと、500点、600点で留学するのでは勉強できる内容が全く違いますし、少しもったいないですよね。

僕は留学したときTOEIC420だから、アメリカの語学学校のクラスでは、おそらく400クラスだなぁ~と思いながら、クラス分けテストをおこなっていて、感じました。。

「なんだ、このテスト???難しすぎる・・」

アメリカの語学学校で準備されているTOEICは、リーディングの面などで、日本で準備されるものよりかなり難易度が高く、結局終わってみればTOEIC350で、300点クラスへ・・。

まぁ、でも小さいことはあまり気にせず、300クラスから地道に頑張ろうと決意しました。

 

半年間の語学留学でTOEICスコアはどのくらいアップする?

 

半年間の留学生活で、どっぷり英語に浸ってきた僕は、帰国後にすぐTOEICテストを受けました。

やはり、リスニンぐグをまだ、帰国直後の英語耳の状態で、試験を受けたかったというのがあります。

ですので、すぐに受けることができるよう、試験の予約はアメリカにいる段階で、やっておいた方がいいです。

で、僕の帰国のTOEICスコアですが、、690点 でした!!

ん~、スコアを見た際は、700を目標にしていたので、正直、少しショックでしたけど、冷静に考えると、日本にいたら、半年間で270点アップは、なかなかあり得ないことかなと。

日本人ともあまり話さずリスニングを強化したことが、良かったのかなと思います。

TOEICスコアがどれくらいアップするかは、個人個人の留学先での過ごし方や努力によるので、一概にはいませんが、初級者であれば、約200~300点のスコアアップが期待できるでしょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です