アメリカ留学中の住居費を安く抑えるには?ホームステイ&シェアルームの比較

アメリカのホームステイ費用の相場はいくら?

 

ホームステイ

 

こんにちは、テツシです。

留学準備の段階では、ホームステイにかかる費用も事前に計算し、頭に入れておく必要があります。

アメリカ留学の場合は、語学学校の申し込みをするのと同時に、ホームステイの申し込みを行います。

別に自分が直接ホームステイ先を探すわけではなくて、語学学校側が手配してくれることになるので、とてもこちらとしては楽な反面、どんなホームステイ先になるか、留学生にとっては当たり外れが大きいですし、思った以上に費用がかかってしまうんですよね。

アメリカのホームステイの費用の相場は、1ヶ月で平均1,200ドル(日本円=約13万円)になります

これを安いか高いと思うかはあなた次第ですが、個室+朝夕二食付きでも、決して安くはないなって僕は思うんですよね。

なぜかというと、僕の場合、朝夕二食といっても、ほとんど食事の準備などは、「自分でお好きなように」とお店のセルフサービス式で、家には食べ物がない時もあったり、時にはカップラーメンで夕食を済ませたり、自分で好きなファーストフード買って来たりした時もあったりなんかで、実際、ホームステイ先に対してかなり払い過ぎていたのでは・・と今になって思うんですよね。。

まぁ、この辺は、個人個人のいかに出費を抑えるか、という意識の問題なのかもしれませんし、強い節約意識を持っていれば、問題はない話です。

州やそれぞれの土地の物価によってもホームステイ費用は多少異なりますが、この費用はあらかじめ頭に入れておいて、自分はそれでもホームステイで現地のアメリカ人と暮らしてみたいのか、それとも学校の寮で自分のスタンスで暮らしたいのか、じっくり検討しても良いのかもしれませんね。

一つの裏ワザとして、僕のアメリカで知り合った友人は、ホームステイ先に交渉し、朝夕食を抜きにしたホームステイ代のみを支払っていました。

食事に関しては、自分で準備し、自分が好きなものを食べるという手法ですね。

これであれば、費用も自分で管理でき、食費をコントロールすることだって可能です。

注意点として、この方法は、もちろん、語学学校への確認と報告も必要になるので、その辺りは注意しておこなってください。

 

アメリカ留学には、シェアルームがお得っ!!

 

アメリカ留学において、一番費用を抑えることができる方法としては、友達と寮をシェアして暮らす「シェアルーム」というやり方があります。

ロサンゼルスの大学の寮では、シェアルームの場合1ヶ月 約750ドル(約8万円)で、これに食費を加えても、ホームステイよりは費用を抑えることができます。

しかし、シェアハウスの場合は、寮からの学校までの通学なので、バスや地下鉄代などの交通費がかかってしまうケースがあるんですよね。
ホームステイであれば、ホストファミリーが毎日語学学校まで車で送迎してもらえたり、僕の場合は、ホストファミリーが車を貸してくれていたので、ほぼ自分の車のように乗り回していました。

これは、特殊なケースですけど・・

住居費という面で見れみれば、多少寮の方が安いように見えますが、自由に過ごせる分、人によっては、頻繁にパーティをしたり、旅行に出かけたりと、逆に出費がかさむこともあります。

自分には、留学先で、どういったライフスタイルが合っているのか、留学前に事前に計算していた費用とも確認しながら、しっかり検討しておくと、より充実した留学生活を送れると思いますよ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です