留学保険には入るべき?アメリカ盗難被害&高額歯科治療費の体験談

留学するなら保険はマストです!!おすすめの保険会社は?

 

こんにちは、テツシです。

留学準備において、忘れずに準備しておきたいものの一つが保険への加入です。

保険って意外に忘れがちで、準備においても後回しにしてしまいがちなんですよね。

一週間程度の短期留学であれば、クレジットカードに付帯している海外旅行保険などで十分かと思いますが、長期を海外で過ごす場合は、必ず!!と言っていいほど、留学保険に加入することをお勧めします。

日本に比べて治安も悪いですし、慣れないアメリカの暮らしの中では、予期せぬトラブルがつきものですからね。

異国の初めて訪れる土地で体調を崩したり、盗難や事故、怪我の被害に遭遇したときの万一に備える必要があります。

不測の事態に備えて、あらかじめ、日本で留学保険に加入し、渡米すると安心した留学生活が送れるでしょう!

そこで、実際に僕もアメリカ留学時に加入していた、おすすめの保険会社をひとつ・・・

それは、AIU海外旅行保険です。

この保険のポイントは、通常の海外旅行保険に加えて、長期の個人賠償責任、生活用動産、オプション(緊急一時帰国費用)が補償されている点です。

僕の友人もこの保険に入っていましたが、アメリカ留学中、車に入れていたカメラと携帯電話が、盗難被害にあい、このAIUに被害を報告したところ、全額ではありませんが、かなりの額が補償されて返ってきたということがありました。

トラブル発生時の対応もかなり良かったみたいなので、ぜひ、使ってみてはどうでしょうか!

それにしても、やっぱり、アメリカは盗難や置き引きは日常茶飯事とまではいかないまでも、発生率は地域によっては実際多い場所もあるんですよね。

体調の問題はもちろんのこと、語学学校の身の回りの友人の間でも、盗難などの被害にあったという話は、よく聞いていましたので、このような、不測の事態に備えて、留学保険へは加入しておくことを強くお勧めします。

また、留学保険の大きな特徴として、現地でトラブルが発生した場合でも、AIUのように24時間対応してくれるので、安心できますし、発生した内容を日本語でも詳細に伝えることができます。

盗難の被害にあった友人からの話を聞くと、日本人スタッフのおかけで、トラブルが発生した際の安心感も得られて、その辺も留学中の日本人にとっては大きなことじゃないかなと感じました。

海外に行くと、緊急事態に誰に頼れば良いか分からず、焦ってしまいますからね。

そういったサポートいただける保険会社の日本人スタッフの方がいれば、トラブル発生時には、的確な指示やアドバイスもくれますし、精神的な不安もかなり解消され、心強い味方となります。

一方で、デメリットととしては、保険料が高く、年間で安くても10万円以上はかかりますが、何も起こらないことが一番ですし、24時間サポートで、安心をお金で買うと思えば、決して高い費用ではないのかもしれません。

 

アメリカの歯医者で高額治療費を請求されたら?!恐ろしい実体験・・!!

 

歯医者

 

留学保険において補償されるか微妙なところなのが、歯科治療費です。

アメリカでの歯科治療費は、日本と比べ「ケタ違い」に高額なんですよね。。

僕は、アメリカ留学中、親知らずで、モノを食べるのにも辛い時期がありました。

そこで、意を決して、ホームステイ先のお父さんに勧められるまま、現地の歯医者に行って治療を受けたのですが、その時の費用が想像以上でした・・

親知らずは2本あったのですが、レントゲンと撮り、診察を終えてその日は、とりあえず終了でしたが、初回の会計が、200ドル(日本円で約2万円)

「高っっ!!」

日本であれば、初診でも数千円ですが、ぼったくりか?と一瞬思いましたが、冷静に考えると、ここはアメリカだから仕方ないかと思いました。

そして、次回の親知らずの抜歯の見積もりを見ると、、、

ケタが一つ増えて、2,000ドル(約20万円)!!!

NO WAY!!

と完全に焦って、すぐにその説明を聞くと、全身麻酔に費用がかかるのだとか。

親知らず2本を抜歯するのに、全身麻酔だなんて、意味がわからない・・・

THEアメリカだなと思いながら、ドクターに部分麻酔でなんとかならないかと交渉した結果、OKが出て、500ドル(約5万円)で済むことに。

「良かった~。」

治療は無事に済みましたが、そんなありえない話もアメリカでは日常的に起こり得ます。

歯科治療費については、留学保険でも補償対象外のケースが多いので、留学前の日本滞在中に、必ず病院や歯医者で治療を済ませておくようにしましょう!

できれば、歯科治療費も補償対象の留学保険を選びたいところです。

何もないことが一番ですが安心して留学生活がおくれるよう、留学保険は必ず加入しておいてくださいね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です