ホームステイ先でカルチャーショック!アメリカのシャワー&トイレ事情は?

アメリカに来て、まず生活の中で、驚くことと言えば、日本人なら、トイレとお風呂でしょう。

一言で言えば、文化の違いですが、特に清潔感や利便性を重視する日本人は、アメリカのトイレやお風呂に、たいてい戸惑います。

今回は、そんなアメリカのトイレ&お風呂事情について紹介したいと思います。

まずトイレに入り驚くことは、アメリカのトイレは、ドアの足元の隙間が、約10㎝ほど、合いたいようにして設計されていることです。

これは、トイレの中においても犯罪の多い、アメリカ社会において、外からでも、ある程度、中の状況が把握できるようにと、設計されています。

しかし、馴れないうちは、この隙間がかなり気になります。

これでは、落ち着いて用をたすこともできないという留学生も中にはいて、外出先では、あまりトイレに行かず、出来るだけ帰宅後まで我慢するという人もいます。

そして、アメリカにはウォシュレットという機能はない為、その不便さにも最初は戸惑うことでしょう。

アメリカのお風呂は、よく知られている通り、バスタブには水を溜めず、シャワーで体を流すのが一般的です。

バスタブに入り、体を洗い流すのですが、1つ気になることが…

それはシャワーの水圧の弱さです。

最初は、これでどうやって、体を洗うのか?って思うくらい水圧がほんとにチョロチョロで、壊れているかのようで不思議でした。

しかし、後から聞くと、アメリカのシャワーは、それが普通で、アメリカ人には気にならないとのことでした。

そして、アメリカのシャワーは固定式なので、自分が体を動かさないと、泡などを洗い落とすことができません。

これもけっこう不便で、最初は、コツがいるんですよね…

日本人は、つくづく恵まれているなぁと、改めて感じました。

アメリカでトイレとお風呂と言えば、ワンルームに一緒に設置されていることが多くあります。

日本でも、ホテルなどはこのようななスタイルですが、アメリカでは、どんなに大きな家でも、トイレとお風呂が一緒に設置されていることが多々あります。

これだけは、本当に不思議で、家の中の誰かがシャワーを浴びている間、トイレにいけないので、不便だなと思っていました。

日本人にとってお風呂は、毎日欠かさず使用するものですが、アメリカ人は使用する人、しない人で別れたりします。

その文化の違いが、このような感覚の違いを生み出すのかもしれません。

ただ、最初は、違和感に思うものでも、生活の中で、不思議と次第に慣れていくものです。

これから、アメリカ留学をされる方は、こうしたトイレ&お風呂事情についても考慮の上で、充実したアメリカライフを送ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です