社会人がフィリピン留学する際の学費&生活費はいくらが相場?

留学をしたいと考えるのは、学生だけではないと思います。

社会人でも、日本の英会話スクールではなく、海外で英語を勉強したいと考えている方は多いと思います。

しかし、忙しい社会人にとって、会社に長期休暇を申請して留学をさせてもらうのは、なかなか現実的に難しいのではないでしょうか。

そこで今回は、夏休みなどの大型連休を利用し、英語圏でも、格安で留学できる国について紹介してみたいと思います。

フィリピン
あまり知られていませんが、アメリカ・イギリスに次いで、3番目に英語を話す人口が多いのがフィリピンです。
その為、海外からの留学生向けの語学学校も充実しており、今まさにフィリピンは留学人気国と急上昇しています。
授業料はアメリカ、ヨーロッパ諸国の留学に比べ格段に安く、生活費も合わせ10万円あれば、1週間の短期語学留学は可能のようです。
また、授業内容は、マンツーマンレッスンが中心ということで、英語初心者の方には、かなり魅力的なのではないでしょうか。
フィリピン人は人種的に人柄も温厚で優しく、日本人には相性も良く、治安が良いところも安心ですね。

マルタ
地中海に浮かぶ島国のマルタは、留学先としては、まだあまり知られていません。
その為、日本人も少なく、そういった環境の中で英語を勉強したい人にとっては、ぴったりの留学先でしょう。
ヨーロッパで人気のリゾート地にも関わらず、英語圏の中でも授業料は比較的安く、1週間で10万円以内で留学することが可能です。
交通環境も良く、授業の後は、マリンスポーツや世界遺産などの観光を楽しみ、バカンスと語学留学の両方を味わえる充実した留学先であること間違いなしです。

カナダ
欧米の中でも、語学学校の授業の質も高く、治安も良い安心できる国がカナダです。
そんなカナダは、意外にも、格安留学が可能で、10万円以下のプランも用意されています。
ただし、留学人気国の為、日本人の数も多く「英語の環境にどっぷり浸りたい」という方には、それなり覚悟が必要でしょう。
その半面、初心者の人には、現地に日本人カウンセラーなども在住しているため、安心できる環境かと思います。

格安で留学できる国は、本当に大丈夫だろうか?と不安になることもあるでしょう。

しかし、授業の質などは、各国々でしっかりしたプログラムが用意されていますし、上記のような留学先であれば環境面でもそれぞれ心配はないでしょう。

時間があまりない社会人の方も、是非一度、旅行感覚で短期留学をご検討されてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です