飯野晴子の経歴や年収は?現在の職業や運がいい理由とは…

11月2日(金)爆報THEフライデーに、あの広告界のビッグママこと飯野晴子さんが登場です。

飯野晴子さんと言えば、ナインティナインさん司会の『解決!ナイナイアンサー』のコメンテーターでも出演され、あのTHEキャリアウーマン的な独特な風格と白髪がトレードマークですよね。

実はこの白髪には理由があり、飯野晴子さんがポジティブに楽しく生き抜くための一つの証なんだとか。ブログの中で飯野晴子さんは、こんな風に言っています。

長いこと生きていれば髪は白くなるし、シミやシワができて当然。だったら、それを認めて、開き直り、許される範囲でヘアスタイルやスキンケアを存分に楽しむの。自分を停滞させるのも前進させるのも、自分次第。

そんな思考の生き方ができれば、なんだか生涯ずっと楽しく暮らしていけそうですよね。

奥野敦士 嫁が元ストーカー説の真偽は?事件の内容や馴れ初めは…

飯野晴子さんはこの年齢でブロガーとしても活躍中で、アメーバブログでは文化人部門で常に上位50位前後をキープしてるんだとか。このお年でブログまでやっちゃうなんて、想像以上にパワフルです!!というか、いろいろやられてますけど、現在の職業って一体何なんでしょうか?

今回はそんな飯野晴子さんの経歴や、現在の職業、そして気になる年収、運がいい理由についても紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

飯野晴子の経歴やプロフィール

飯野晴子さんの経歴とプロフィールの紹介になりますが、生まれは1943年で現在年齢は74歳になります。東京都目白出身で大学はあの学習院大学卒でいわゆる典型的なお嬢様だったようです。

じゃあ、すぐに優良企業に就職?と思いきや、卒業後はすぐにご結婚され、2人の女の子も授かり専業主婦になったようなんです。実際に就職して働き始めたのはなんと35歳から。かなり遅咲きですが、この時、飯野晴子さんは二度の離婚をしていてシングルマザーでした。子供たちを育てていくために、やるしかないという覚悟だったのでしょうね。

飯野晴子さんは英語という武器があった為、最初の会社では翻訳をおこない、2社目は広告代理店へ転職、そこでコーチ、ポルシェ、ジバンシイ、ロエベという超有名外資系クライアントを次々と新規獲得し、なんとその会社では社長以上に稼いでいたようなんです!当時バブル絶頂期ですから、今なんかとは比べ物にならないくらいの年収だったのではないでしょうか。

そして、50歳にして電通グループの広告代理店株式会社電通EYEへとヘッドハンティングされ、定年まで部長職を務められたそうです。

そう考えると広告界のビッグママと言わる由縁も分かりますね。かなりの経歴ですし35歳からの就職にしてこれだけ実績をあげられてこられたという話は、何だか多くの悩める30代の方にまだまだこれから!という生きる勇気を与えてくれる実話でもありますね。

飯野晴子

飯野晴子 現在の職業や年収は?

2004年に株式会社電通EYEを定年退職された飯野晴子さんですが、現在は独立し様々な活動や職業をお持ちのようです。

その内容は、企業や商品のPRプロデュース、TV番組の出演、セミナー講師、講演活動、執筆活動、そしてブログ運営と飯野晴子さんには老後をゆっくり暮らすっていう概念がないみたいですね。ただ、それが生きがいでもあり、様々な人と交流しながら仕事できることが楽しいんでしょうね。

気になるのは飯野晴子さんの年収ですよね。現在は様々な活動をされてて不透明ですが、電通グループに居た頃の年収は、調べてみると電通の部長職は平均年収1,981.0万円とありました。

伊澤真理(MARI)双子のフィギュアの実力は?腕前動画や練習場も調査! 【画像】

ただ、飯野晴子さんは営業で新規クライアントもバンバン取ってましたし、女性が広告業界で活躍する下地を作ったという功績も考えれば、2000万以上はいきそうですね。

Sponsored Link

飯野晴子 運がいい理由とは…

飯野晴子さんは本の執筆活動もしていて『飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?』という本も出版しているんですね。

実際に、運も良いようで周りの人から、本のタイトル通りに運がいい理由を聞かれることもしばしばあるようなんです。そりゃあ、もちろん、飯野晴子さんのような人に「運がいい理由」を聞いてみたいですよね。

ということで、飯野晴子さんの運がいい理由を調べてみたところ…

● 日常のなかの「小さなハッピー」をないがしろにしない
● 言葉づかいのていねいな人ほど、運がいい
● たとえ5%でも「改善」すれば「解決」につながる
● いい日も悪い日も毎晩、一日の出来事に感謝する
● 仕事の楽しみは「人との出会い」のなかに
● 「あれもこれも、やってあげたい」のおせっかい根性を持つ
● マナーを守らなければ、何も始まらない
● 離れている家族とも頻繁に連絡を取ろう
● 受け入れた瞬間から、「老い」は魅力に変わる
● 「最高の瞬間」は何度でもやってくる

ということでした。そしてブログの中でも運を掴む方法として、

すべてがチャレンジ。自分で決断すると自分の責任になるでしょ? そうすると面白いものでね、人は現実をポジティブに捉えようとするんです。これが受け身だったら、そうはいかないわね。いいことがあったとしてもラッキーと軽く捉えて終わり。気づきが少ない。自分で切り拓くからこそ、運は認識できるようになるのかもしれないわね。

とインタビューに答えていました。やはり、ポジティブなことが目の前の運に気づける人で、チャンスも広がるということですね。

まだまだパワフルでお元気な飯野晴子さん、ブロガーやコメンテーターとして新たな道でも是非ご活躍を期待したいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です