アメリカでは赤信号でも右折できる?知っておくべき交通ルール&生活習慣

アメリカでは、日本とは異なる文化や生活習慣、交通ルール、またジェスチャーなどの違いによって、カルチャーショックを受けることも多々あるでしょう。

今回は、そんなアメリカの文化について、紹介していきます。

家の中は土足でOK!
これは、よくテレビドラマや英語でも見られる為、有名かとは思いますが、実際にアメリカに行くと、家の中でじゅうたんの上を土足で歩くのは、かなり違和感があります。
やはり日本人的な感覚なのか、家の中では、靴を脱いだ状態でいることがリラックスできるので、自分の部屋にいる間は、靴を脱ぐようにしていました。

挨拶は握手とハグ
これも良く知られていると思いますが、アメリカ人は、初対面でも、握手とハグで挨拶を交わします。
日本人にとっては、最初は馴れない行為だと思いますが、留学中、アメリカにいると徐々に慣れてきて、自然と握手やハグはできるようになってくるので心配はいりません。
僕は、帰国後に、うっかりアメリカのノリで日本の友達にハグをしてしまったところ、かなり驚かれました。
でも、そのくらい、アメリカに長期滞在していると、ハグという行為も自分にとっては、自然になってくるので、心配いりません。

赤信号でも右折できる
これは、アメリカでの交通ルールで、僕も驚かされたことです。
アメリカは、日本とは逆で、左ハンドルになります。
そして、どんな場面においても、赤信号時は、右折が可能です。
もちろん、青信号で横切る車が優先ですが、赤の場合でも「気を付けて曲がれ」という意味になります。
これは、とても便利な交通ルールだなと、自分も運転しながら感じました。

人を呼ぶときの手招きサイン
これは、日本とアメリカのジェスチャーの違いです。
人を呼ぶ際、日本では、手のひらを下にしますが、アメリカでは、上に向けて手招きします。
日本のやり方を、アメリカでおこなうと、「あっちに行け」になってしまい、反対の意味になってしまいます。

首を横に振る
日本で首を横に振る行為は「No」の意味ですが、アメリカでとても曖昧です。
自分の意思を伝えたい時は、首を横に振るのではなく、はっきりと言葉で「Yes」「No」を伝えるようにしてください。

アメリカ人はジェスチャーで表現を多く使用します。

そして、日本人がいつも当たり前にやっているジェスチャーでも、全く意味が通じなかったり、反対の意味で伝わってしまったりすることがあるかもしれません。

ジェスチャーを使用する際は、ここは日本ではないということを注意しながら使うようにすると良いでしょう。

生活習慣やジェスチャーの違いについては、留学などで長期滞在の場合などは特に、最低限の簡単な勉強をしておくと、スムーズに生活に馴れることができるかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です