岩橋玄樹がパニック障害を治療中の病院はどこ?復帰時期はいつ?

今やジャニーズきっての売れっ子グループ、King&Prince岩橋玄樹さんが、長年患ってきたパニック障害の治療に専念するということで、11月初旬から活動を一時休止するという発表をおこないました。

岩橋玄樹さんといえば、男性アイドル雑誌『Myojo』で「恋人にしたいジャニーズJr.」5連覇を達成しているほど若い女性のファンが多くて、母性本能をくすぐる可愛さがたまらないって人気なんですよね。

キンプリとしてもまだ2018年の春にCDデビューしてこれからって時ですから、この岩橋玄樹さんの活動休止は残念で戦力ダウンは否めませんが、今後の長い活動を考えると、今はじっくり病気を治して、 またファンの前に元気な姿で復帰して頂きたいですね。

今回は、岩橋玄樹さんの治療中の病院や病気の原因、治療方法、復帰時期について調べてみました。

Sponsored Link

キンプリ岩橋玄樹がパニック障害を治療している病院はどこ?

岩橋玄樹さんは、10月19日テレビ放送された『RIDE ON TIME』という番組の中で、初めて自分のパニック障害について公表しました。

その内容は、岩橋玄樹さんが幼少期の頃から、すでにパニック障害の病と闘っていたという驚きの事実でした。岩橋玄樹さんは2010年の14歳の時にジャニーズ事務所に入所しましたが、病気が発症したのは恐らくそれよりも前のことでしょうね。

岩橋玄樹さんが現在、休養して治療している病院も昔からお世話になっている先生の病院なのかもしれません。やはりその病院が気になりますよね。

岩橋玄樹さんがパニック障害で治療している病院ですが、やはり出身東京都の名医がいると評判の病院が候補となるでしょう。

・赤坂クリニック(東京都)
・東急病院(東京都)
・杏林大学医学部付属病院(東京都)
・むさしクリニック(東京都)
・深川ギャザリアクリニック(東京都)
・綾瀬駅前診療所(東京都)
・東京慈恵会医科大学附属第三病院(東京都)

これらが、専門のドクターがいる病院で候補となる病院です。

実は、岩橋玄樹さんの父親も医師という噂があり、もしそうであればパニック障害の病気や病院選びに関してもお詳しそうですね。

キンプリ岩橋玄樹

キンプリ岩橋玄樹の病気の原因は性格?パニック障害の治療方法とは…

岩橋玄樹さんは『RIDE ON TIME』の番組の中で、小学生の頃のいじめの体験や、同じデビューツアーリハーサル中のメンバー神宮寺勇太さんとの喧嘩についても話していました。

現在、超人気タレントの岩橋玄樹さんですが、ファンにとっては衝撃的だったかもしれません。しかし、テレビの前で素直に弱みをさらけ出せる岩橋玄樹さんが、人気の理由の一つなのかもしれませんね。

パニック障害になりやすい人の特徴として、以下の原因があるようです。

パニック障害になりやすい人は、幼少期にトラウマを負っているとか、様々な外傷体験に受けたりとか、生活空間の全体にストレスが多いとなりやすいと言われています。また、発達的には、神経系の発達が脆弱な人はパニックになりやすいです。性格としては、もともと不安や恐怖心が強く、責任感が強い性格とか完璧主義な性格、几帳面な性格に多いです。

やはり、幼少期のいじめは、岩橋玄樹さんにとって今も大きな心の傷となっているんですね。そのことに加え、キンプリでのデビュー後のハードなスケジュールが岩橋玄樹さんの体力面や精神面をどんどんを追い込んでいったのかもしれないですね。

岩橋玄樹さんの性格は、ファンから「オネエ疑惑」が出てしまうほど女性のように可愛らしく、また「甘えん坊キャラ」など少し気弱な性格の持ち主で、ファンにも優しい男性のようです。確かに、繊細そうな性格ではありますね。

そういえば同じジャニーズのKinKi Kidsの堂本剛さんや、歌手のYUIさんもパニック障害を発症して克服してこられた経緯がありましたね。人前に出てプレッシャーを感じたり、歌手の人で神経を使ったするような方は、こういった病気になり易いのかも。

パニック障害の治療法は、基本的に薬物療法や認知行動療法の2つの方法になるそうです。要するに「薬の服用でパニックの発作を抑える方法」「頭の中で不安や恐怖のストレスを減らすイメージをするトレーニング」ですね。

病院に入院されるのか、通院されるのかは不明ですが、今はゆっくり休んで、治療のことだけに専念してもらいたいですね。

Sponsored Link

キンプリ岩橋玄樹の復帰時期はいつ?

今回、芸能活動活動休止を発表した岩橋玄樹さんですが、ファンが気になるのは、復帰時期ですね。

怪我などの完全に完治というのが分かりづらい病気ですし、復帰の目途もなかなか難しいところではないでしょうか。

調べたところ、やはりパニック障害の治療期間には個人差があるようですが、早い人では3ヶ月で完治される方もいるようです。

早い段階でパニック障害だと診断され、専門の心療内科クリニックなどで適切な治療をすぐに開始することができれば、早い人であれば3ヶ月もあれば完治してしまうケースもあります。しかし、パニック障害の治療は外科的な手術などで悪い部分を取り除くといった方法はとれないため、治療までの期間には非常に大きな個人差があるため、一概には言えません。

引用元:パニック障害の情報サポートガイド

ただ、こればっかりは、復帰が早ければいいという事でもないですし、岩橋玄樹さんにはじっくり確実に病気を治して克服し、またファンの前に元気な姿を見せて頂きたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です