アメリカでチップを渡すタイミングは?カッコイイ渡し方について

アメリカ留学中は、様々な文化の違いを体験し、目にすることでしょう。

日本にはない文化の違いの1つに、「チップ」があります。
 
誰もが、必ず耳にしたことはあり、その大まかな意味などはご存知だとは思いますが、アメリカでは、いったい、チップをどんな機会に、どのタイミングで、またどのくらいの相場で、渡すことが正解なのか、紹介していきたいと思います。

まず、チップについて、よく日本人の感覚では、出しても出さなくても良い、という捉え方をされている人がいますが、大きな間違いです。

場面によりますが、基本的にアメリカ人の感覚では、「出して当たり前」、というものになっており、知らずにチップを出さなければ、失礼に値する行為になってしまいます。

では、チップを出すべきタイミングについてですが、「誰かが自分の為に動いてくれたとき」と思っておいてください。
アメリカ人は、その行為において、感謝の気持ちを込めて、チップを渡しているのです。

例えば、レストランやカフェ、バーで食事をした時、タクシーを利用した時、ホテルのルームサービスなど、相手が自分の為に動いてくれた時が、チップを渡す良いタイミングと言えるでしょう。

逆に、レストランや飲食店の場面でも、テイクアウト時などは、チップを払う必要はありません。

それでは、チップの相場ですが、基本的に代金の10%~20%とされています。
もしくは、そういった代金がない場合などは、$1~$2を払うのが、良いでしょう。

渡し方については、これも場面によって様々です。

レストランなどは、食事の代金にチップをのせ、机の上に置いて店を出るのが良いでしょう。

タクシーの場合も基本的にレストランと同じで、料金にチップを上乗せして、降りる際にまとめて支払うのが、一般的だとされています。

チップといっても、様々な場面があり、いかにさりげなくカッコ良く、渡すことができるか、ということを、アメリカ人も考えているようです。

日々、アメリカでの生活の中で、チップに慣れていき、いかにスムーズに自然に渡せるようになるか、大事になってくるでしょう。

また、お気付きの方もいるかもしれませんが、アメリカではチップの習慣の為に、$1紙幣をよく使用することになるでしょう。

常に両替をおこない、$1札は何枚か常備しておくことをおすすめします。

チップは、日本にはない習慣ですが、留学中にアメリカ文化に馴れる意味でも、是非、様々な場面でチャレンジしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です