芸人ハナコのパクリ説の真偽は?セコムCM動画と犬コントを比較!

コント日本一を決める大会、キングオブコント2018で見事優勝を果たした、お笑いトリオのハナコに、なにやらパクリ説が浮上しているようなんですね。

僕もテレビで見ていましたが、キングオブコントのハナコのネタは、かなり面白くて、審査員のダウンタウン松本人志さんも、絶賛していた内容でしたが、まさかそのうちの一つにパクリ疑惑が浮上しているなんて驚きです。

ハナコといえば、まだ結成して4年目の若手トリオで、将来のある芸人さんですし、まだこの段階で、いろいろとマズい問題などは起こしてもらいたくないんですが、今回のパクリ疑惑は本当なんでしょうか。

ハナコ(芸人)の学歴や出身校に偏差値は…所属事務所や同期芸人は誰?

今回は、その疑惑として浮上しているパクリ説の真相について書いていこうとおもいますが、できれば、ハナコのパクリについてはデマであって欲しいと思っています。

Sponsored Link

芸人ハナコ  パクリ説が浮上!犬コントの反響やネタ作りの担当は…

現在、ハナコに浮上しているのパクリ説ですが、その疑惑のネタというのが、キングオブコントの決勝戦1本目で披露した『犬のコント』なんですね。

ボケの岡部大さんが犬に扮し、ツッコミの秋山寛貴さんがその飼い主、メガネの菊田竜大さんはその友人役という設定で、岡部大さんが飼い犬としての気持ちを言葉にしながら、ネタが進むといったコントでしたが、仕草や飼い主とのやりとりなど、まさに「犬あるある」で、犬を飼った経験がある人には特に反響が良く、非常に計算されたネタでした。

しかし、この犬のコントと、ほとんど同じような設定のセコムのCMが過去に存在していたようで、ハナコはこれをパクッたのではないかと、言われているんですが、そもそも芸人さんが、CMからネタを参考にすることってあるんでしょうか。

ちなみに、ハナコではネタ作りは、岡部大さんと秋山寛貴さんの二人が担当しているようで、この犬のコントもこのお二人で考えられた可能性が高いですね。

ハナコ

セコムCM動画とキングオブコント優勝ネタを比較!その真偽は…

さて、ではハナコの犬コントと過去に同様の設定であったとされるセコムのCM動画を比較してみたいと思います。

セコムのCMですが、これも『番犬』をテーマにしたもので、おじさんの姿をした男性が、訪問者に「誰!誰!」と騒ぎまくるといったCMなんですね。

一方、ハナコの犬コントでは、岡部大さんが犬の格好をして、人間のように「誰!誰!」と騒ぐって内容でしたから、確かに設定的には似ている気もしますね。

このCM動画を本当に、ハナコが目にして犬コントの参考にしたかどうかは微妙なところですが、芸人さんと言えども、ネタを作る際は、いろんな動画や画像を見て、そこからネタ作りへのインスピレーションを受けると思いますし、今回の件が真実か嘘かは別にして、「パクる」という表現で片づけてしまうのは、芸人さんにとっては可哀そうなのかなと思いますね。

ただ、パクリ説が出るということは、裏を返せば、それだけ、キングオブコント優勝で注目を浴びてるって証でもありますね。

Sponsored Link

グランジ(吉本興業)のネタにも似てる?

実は、ハナコのパクリ説は犬コント以外にもあるようで、「爆弾処理班」というネタが、吉本興業所属のグランジのネタにも似てると噂されているようなんですが、2つのネタを比較してみたいと思います。

まずは、ハナコの「爆弾処理班」です。

次にグランジのネタです。

グランジは僕も聞いたことのなかったトリオでしたが、2005年に結成した、トリオのようで、このネタはキングオブコント2013の予選で披露したネタのようですね。

2つのネタを比較すると、設定も笑いをとるところも似ていますし、これは、正直、よく似ていますね…。

お笑い好きの人で、コントライブにもよく足を運ぶ人だったら、気付く人もいるのでは。

爆弾ネタは、コントでもよく使われますが、このネタだったら、パクったと疑われても仕方ないかもしれませんね。

ただ、ハナコはボケの岡部大さんのキャラクターも独特で面白いですし、ハナコにしかできない笑いを求めながら、今後もますます活躍していってもらいたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です