三木二郎(池江璃花子のコーチ)出身大学や現役時代の成績!イギリスで学んだ指導法は?

ジャカルタ・アジア大会でMVPにも輝いた、水泳の池江璃花子選手ですが、来年4月から日本大学に進学することが決まったようですね。

日大といえば、アメフト部のパワハラ騒動の件もありましたし、なにやら水泳部も不祥事があるとのことで、将来が有望視されている池江璃花子選手にとっては、本当に日大で大丈夫なの?と言いたいところです。

しかし、今回、池江璃花子選手が日大に進学した理由の一つに三木二郎コーチの存在があるようなんですね。

日大水泳部という名前自体は少し気になりますが、池江璃花子選手は今年5月から三木二郎コーチとコンビを組んでメキメキ力をつけていっていますから、ぜひ入学後も引き続き、同じコンビで成長し続けていってもらいたいところです。

山根明(ボクシング会長)の経歴や日大との関係は…田中理事長に似てる?【画像】

今回はそんな、三木二郎コーチの出身大学や現役時代の成績、イギリス留学で学んだ指導法などを書いていきたいと思います。

Sponsored Link

三木二郎(池江璃花子のコーチ)のプロフィール!出身大学や現役時代の成績は?

三木二郎コーチのプロフィールになります。

現在の所属先はルネサンスようで、普段はスポーツジムのトレーナーとしても勤務されているんでしょうか。

MEMO
三木二郎(みき じろう)
生年月日:1983年5月31日
(2018年10月現在:35歳)
出身地:滋賀県
身長:181cm
血液型:O型
特技・趣味:サーフィン

三木二郎コーチの出身大学はあの日本大学になり、やはりここで日本大学と三木二郎コーチの接点が出てきましたね。

やはり、池江璃花子選手を日大へ進めたのは、三木二郎コーチの母校で指導し易いという要因が大きかったでしょうし、日大の水泳施設には日本代表チームなども使用する国内では数少ない最新設備なども整っているようですから、その理由も大きかったのかもしれませんね。

現役時代ですが、2000年のシドニーオリンピック、2004年アテネオリンピックなど数々の世界大会にも出場されたほど、実績のある選手だったんです。

2004年の日本選手権では200mと400mの個人メドレーで日本新記録を出されるなどして、日本水泳界では十分な成績を残されています。

三木二郎コーチはメダルが取れるような選手ではなかったかもしれませんが、自分が選手として苦しんだ分だけ、池江璃花子選手に最善の指導ができているのかもしれませんね。

三木二郎

三木二郎はイギリスに水泳留学していた?学んだ指導法とは…

三木二郎コーチはJOC海外研修制度でイギリスの水泳連盟に、トップ選手への指導法を学びに、2016年3月から2年間、留学していた期間があるようなんですね。

イギリスの水泳選手と言えば、あの超人マイケル・フェルプス選手がいますけど、オリンピックの水泳競技ではだいたいの種目でメダル圏内に入ってくる印象です。

池江璃花子選手は、手が長く、腕の振りや使い方は上手かったようなんですが、キックが弱く、それが弱点でした。

三木二郎コーチはそこに目をつけ、イギリスで学んだ課題のキック力を強化する、腹筋や背筋に力を入れた状態で前後に足を動かすというトレーニングを重点的に指導したようなんですね。

留学を成功させる為に必要な生活習慣とは?体調&メンタルを整える3つの習慣!

実践してすぐに結果を出せる池江璃花子選手のポテンシャルも凄いですが、三木二郎コーチの弱点を見抜き、それを改善させる指導力も見事ですね。

Sponsored Link

三木二郎のコーチ歴は?過去に指導した選手など‥

これだけの指導力がある三木二郎コーチですが、コーチ歴はどのくらいなのでしょうか。

選手としては2008年の北京オリンピックの代表を落選した際に引退し、その後、ミズノの社員として選手のサポートに回っていたそうです。

ですから、コーチ歴としては、約10年になりますでしょうか。

しかし、選手専属コーチになったのは、池江璃花子選手が初めてのようで、これは、イギリスから帰国直後に池江璃花子選手サイドからコーチの要請があったようですね。

ということは、池江璃花子選手としても善福の信頼を置いたコーチであるこがわかりますし、今後も、このコンビでますますイイ結果を出していってくれるんじゃないでしょうか。

中村麻里子 ゴルフの腕前や最高スコアは?ウェア姿がかわいい!【画像】

ぜひ、東京オリンピックでは池江璃花子選手と三木二郎コーチのコンビで、金メダルを量産してもらいたいものです。

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です