ホームステイ先へのお土産選び!日本的なものは避けた方がいいの?

ホームステイをする際の準備で、用意しておきたいものの1つに、日本からのお土産があります。

でも、始めての海外生活で、アメリカ人がいったいどんなものを喜ぶのか、分かりませんし、不安ですよね。

そこで、失敗しない、お土産選びのコツとアメリカ人が喜ぶ、日本からのお土産を紹介していきたいと思います。

まず、お土産の予算ですが、気合いを入れて、1万円もするような高価な品物を買う必要は全くありません。

お土産は、相手に対するほんの「気持ち」ですから、高価なプレゼントを贈る必要はありませんし、アメリカ人は基本的に、日本人のように、物を貰った際に、「高そうだ…」とか、「安そうだ…」など、考えたりはしませんから、安心してください。

例えば、最近で言えば、100円ショップなどでも、日本的でユニークなアイテムが多く、安く、手に入ります。

高いものが、喜ばれるということは、全くありません。

品物選びについてですが、ホームステイ先のアメリカ人は、これまで多くの日本人留学生を受け入れて来た可能性が、あることを頭に思い浮かべてみてください。

そうすると、日本人から、これまで多くのお土産物を貰ってきた経験があるはずです。

富士山や、侍など、THE・ジャパンというようなデザインのもや、箸、お茶碗、着物など、定番の、誰かが贈っていそうなものは、避けた方が良いでしょう。

それでは、どんなお土産がアメリカのホストファミリーに喜ばれるのか…

まず、和風のタオルや手拭いなど、あまり嵩張ることがなく、日本的で珍しい、日頃使うことの出来るアイテムは喜ばれます。

また、和風のボーペンも、デザインに加え、Made In Japan の商品は、使いやすく、アメリカ人に喜ばれます。

このように、飾ったり、普段あまり使わないものを贈るより、日本的な使い勝手の良いものをお土産にすることをオススメします。

前者のものは、好き嫌いや、日本に興味があるかないかにも大きく関係しますので、やはり、後者を選ぶと良いでしょう。

また、食べ物はあまり、オススメ出来ません。入国時に止められてしまう可能性がありますし、好き嫌いもあります。

しかし、日本のお菓子は喜んでもらえることでしょう。

駄菓子屋で帰るようなお菓子で、充分です。

ホームステイ先の子供たち用に、買っておくと、喜んでもらえること、間違いなしです。

せっかく、お土産を準備していくのですから、渡し方、そのタイミングも自分の中でシミュレーションし、ぜひ、お土産をネタに話を広げ、ホームステイ初日の会話を盛り上げてみてください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です