留学中にホームシックになる人の特徴は?その原因と対処法について

期待に胸を弾ませながら留学をおこなった一方で、英語が通じない、食べ物が合わない、友達がなかなかできない、などの理由で、ホームシックになってしまう留学生もいることでしょう。

留学先での、様々な悩み、不安やストレスから、勉強に集中できず、帰国を選んでしまうケースも、決してゼロではありません。

今回は、これから、留学を予定している方の為に、ホームシックにならない為の方法と、なってしまった時の対策法について書かせていただきます。

まず、ホームシックになりやすい人の特徴として、やはり消極的な性格な人が挙げられます。

友達ができず、なかなか現地の環境に馴染めない人は、ホームシックになりやすい特徴があります。

また、食生活や住居のスタイル、気候等の違いに敏感な人は、その変化に対応するのに時間が掛かると思いますし、ホームシックになりやすい一つに大きな要因です。

言葉の壁が立ちふさがり、毎日の授業にもなかなかついていけないと感じたり、ホームステイ先の家族とも、上手くコミュニケーションを図ることができなかったりすると、ストレスが重なり、ホームシックになりうる可能性もあります。

それでは、ホームシックにならない為に、またなった時にどのように対処していけば、良いのでしょうか。

まずは、積極的なコミュニケーションを取ることです。

友達を多く作り環境に順応することは、ホームシックにならない為の最大の要因になってきますし、何でも話せるような良き相談相手を見つけることで、ホームシックになってしまった時の為の対処法ともなります。

次に、ホームシックになってしまった時の一つの対処法として、語学学校の日本人カウンセリング利用するというものです。

だいたいの語学学校には、各国のカウンセラーが在籍しており、留学生が何かあったときに、相談に乗ってくれます。

もしくは、自分が留学をする際にサポートしてもらった、エージェントなどに連絡を取るのもいいかもしれません。

ホームシックになってしまった時や、なかなかアメリカの暮らしに馴染めないなどの悩みがある場合には、このような方法を利用して専門の相談員にカウンセリングを依頼してみてください。

きっと何か、良い解決法を提案してくれるはずです。

ホームシックにならない方法としては、自分はホームシックになったらどうしよう、、あれが不安、、これが不安、、など不安な気持ちをできるだけ、抑え、目的や目標をしっかり持ち、それに向かって進み、日々の留学生活を楽しむという意識を持つよう心掛けてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です