留学に向けての目標設定!アメリカ留学を就職活動に活かすには?

留学前は、モチベーション高く、「アメリカで英語を勉強したい!」「海外で仕事をしてみたい」そんな大きな目標を持って、アメリカに出発した人も多いはずです。

しかし、帰国間近になると、自分は日本に帰って何をしようか、就職活動はどうしようか、という焦りの考えになってくる人も少なからずいるでしょう。

英語を勉強することが目的、アメリカに住むことが目的、外国人とコミュニケーションを取ることが目的になってしまうと、留学期間が終了してしまった際に、自分はこれから、どうしよう、、また日本で普通の学生生活になるのか、、、という事になってしまいます。

一番の理想は、留学前にきちんと、自分は何の為に留学をするのか英語を勉強してどうしたいのか帰国した後どのようになりたいのか、のプランを組み立てておくことです。

そうすることで、英語の勉強もよりスムーズに、モチベーションを落とすことなく、こなすことができますし、その目標の為に、自分はどう行動すればよいのか、というのもおのずと分かってくるでしょう。

これは、簡単なようで、実践するのは難しいことです。

しかし、自分の中で、プランを持っておくだけでも、帰国後の行動も変わりますし、日本で留学した経験を活かすことができるでしょう。

もし、留学前に具体的なイメージや目標が持てていなかった人は、留学中、早い段階で自分は帰国後にどうしたいのか、考えてみてください。

英語を活かした仕事に就くのか、全く違う専門分野の仕事を目指すのか、留学期間を延ばし、もっと英語を勉強するために大学に行くのか、人によっていろいろな選択肢はあると思います。

英語を活かすということだけが「答え」ではないので、自分にあった目標設定を早めにおこない、ぜひ、アメリカでの留学経験を活かして社会で活躍していってもらいたいものです。

一つ言いたいことは、留学をただの経験や楽しかった思い出のようなものにだけはして欲しくないという事です。

自分の人生のどこかで、活かすことができるよう、目標設定の段階からしっかりとしたプランを持ち、留学生活を楽しみながら、過ごしていって欲しいと思います。

ちなみに、僕の語学留学時代の友達は、結構な人数がその留学期間を終えても、アメリカに残り、留学期間を延長し、英語を勉強していました。

現在は、それぞれどんな仕事に就いてるのか、わかりませんが、久しぶりに会ってみたいなぁ~とブログを書きながら、ふと、思いました。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です