植村花菜(Ka-Na) 改名や独立の理由は?前事務所との関係他

名曲「トイレの神様」でお馴染みの植村花菜さんですが、自身の公式ブログを通じて、改名と所属事務所からの独立を発表されましたね。

「トイレの神様」といえば、植村花菜さんの自身の経験をもとに亡くなったおばあちゃんをテーマにして歌った歌でしたけど、2010年にリリースし大ヒットした当時は、紅白歌合戦にも出場し、ギターを持ってほぼすべての番組で生歌を披露するくらい大忙しだったんじゃないですかね。

実際、僕も初めてこの歌をテレビで聞いたときは、自分の亡くなったおばあちゃんのことを思い出して、少ししんみりしてしまったのを覚えていますが、何度もリピートして聞いてしまうくらいイイ歌詞と優しいメロディーで老若男女問わず、万人受けする曲なんじゃないでしょうか。

そんな、植村花菜さんですが、「トイレの神様」以降はヒット曲になかなか恵まれず、テレビでも見かけなくなってしまいましたが、現在は日本とアメリカのニューヨークを行き来しながらの活動だったようですね。

今後は、『Hanana Records』という会社を立ち上げ、名前も「Ka-Na」に改名するようですが、今回の事務所からの独立の理由は何だったでしょうか。

ニューヨークでの現在や旦那や子供についても調査してみたいと思います。

Sponsored Link

植村花菜(Ka-Na)改名や独立の理由とは?前事務所ベルウッドレコードとの関係は…

植村花菜さんは、現在35歳ですが、嶋大輔さんや摩天楼オペラが所属する「ベルウッドレコード」という事務所に19歳の時から、16年間も在籍しているようですね。

メジャーデビューは22歳の時だったようですが、「トイレの神様」がヒットしたのは27歳の時ですから、19歳からヒット曲に恵まれるまでの植村花菜さんの下積み生活が分かりますし、その後もなかなかヒットに恵まれていないってことを考えると、シンガーソングライターっていう仕事はいかに一部の人しか成功できない仕事なのか、よく分かりますね。

それでも、「トイレの神様」が無ければ植村花菜さんの名前は、恐らく今頃ニュースにも取り上げられていないでしょうし、やはりミリオンヒットって凄い現象なんですね。

今回、植村花菜さんは「Ka-Na」という芸名に改名したようですけど、改名の理由は事務所からの独立にあたって、心機一転としてという思いが強いでしょうね。

それから、ブログでは、今後海外で活動をおこなう上で、外国人の方々が読みやすく覚えやすいシンプルな名前にするために、苗字を取ったってことが書かれてありましたけど、やはり今後は日本よりも、ニューヨークや海外を重点的に活動をされていくってことなのかもしれませんね。

これまで2年ほど日本とニューヨークでの活動を続けてきた植村花菜さんですけど、独立理由も、海外で成功したいという意思の現れなので、自分の意思ややりたいことがはっきりしている植村花菜さんですから、事務所と意見が食い違うことも起こるでしょうし、独立して再起をかけたいということなのかも。

ただ、事務所であるベルウッドレコードは植村花菜さんの意思を尊重し応援しているようで、芸能人でよくある事務所と関係が悪くなって独立…ということではないようですね。

植村花菜

植村花菜(Ka-Na)がテレビから消えていた理由は?芸能界から干されていた…

植村花菜さんがテレビから消えていたのは、「トイレの神様」がヒットして以降、植村花菜さんがブレイクを機に事務所に方針などを反発するようになったから…という芸能界から干されていた説があったんですね。

紅白歌合戦の際には、「トイレの神様」が9分52秒という長い歌だった為『どこも削るところがないので、全部歌わせていただきたい』と会見で述べ、それに和田アキ子さん『どんな歌だって削るとこはない!』と激怒したとか。

本番はいろんな意味で注目されましたけど、やはり大御所の意見が強かったのか、7分55秒で歌い終わりましたね。

実際に芸能界から干されていたから、テレビで姿を見かけなくなったのかは分かりませんが、さすがに大御所に噛みつかれたら干されたって噂もあがるでしょうし、しかも関西育ちで意思も強く、プロ根性の高い植村花菜さんですから、業界内では意思を通し意見がぶつかることもあったのではないでしょうか。

Sponsored Link

植村花菜(Ka-Na)の現在は?旦那や子供はいるの…

現在、植村花菜さんは日米で活動をされていますが、自宅はニューヨークにあるようです。

ってことは、やはり、日本とニューヨークでの活動といっても拠点はアメリカ側で、独立後は資金の問題もありますし、ニューヨークでの活動がメインになってくるのではないでしょうか。

アメリカ留学中の住居費を安く抑えるには?ホームステイ&シェアルームの比較

植村花菜さんは2013年、30歳の時にご結婚されていて、旦那さんは、ジャズドラマーで「indigo jam unit」メンバーの清水勇博(しみず たけひろ)さんですが、旦那さんも植村花菜さんとアメリカで活動されています。

清水勇博

子供は2015に男の子を出産して、息子さんが1人いるようですね。

音楽一家に生まれたお子さんですから、自然に音楽に触れる環境にあるでしょうし、将来はミュージシャンとして活躍する日がくるのかな。

これから新しいステージで、ママ歌手としても活躍される植村花菜さんに注目です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です