留学は就職活動に不利?留学体験をアピールするとダメな理由

留学を終え、日本に帰国し、大きな自信を得て、この留学経験を就職活動に存分にアピールしよう!と考えている方も多いはずです。

誰にでもできる経験ではないですし、これは大きなアピールポイントにもなるはずと、この体験を全面に押し出して面接に挑もうと考えてはいませんか?

しかし、残念ながら、留学体験を語ることは、就職活動では決して有利とは言えません。

むしろ、そのアピールの仕方によっては、不利になってしまいます。

TOEIC800点、900点レベルの人が留学経験を語ると、海外で英語を勉強してきたんだな、という印象を面接官に残せますが、TOEIC600点、700点レベルの人が留学経験を語っても、海外で遊んで来ただけなんじゃないのか・・という印象を持たれてしまうからです。

特に語学留学の場合、面接において、留学体験はあまりアピールポイントにはならないでしょう。

人間としての、積極性であったり、コミュニケーション能力であったり、そういった評価はされるかもしれませんが、アメリカでやってきたことは、残念ながら、面接官には、興味がなく、いくら語ったところで伝わることは、難しいでしょう。

ですので、留学体験をメインでアピールするのではなく、おまけとして、そういった経験もわたしにはありますよと、さりげなく、沿える方が、かなりアピールになり、面接官の印象に残ります。

もし、英語レベルがTOEIC600点、700点レベルであるなら、そういったアピールの仕方の方が、良いでしょう。

実体験として、面接によっては「何か英語を話してください」といってくる面接官もいます。

本当に無茶ぶりですが。。。

そういった時の場合に備えて、念に為、簡単な英語での自己アピール文を考えておくことをお勧めします。

留学を就職で有利にするか、不利にするかは、その人の伝え方次第です。

ただ単に、体験談や思い出話になってしまうと、不利になる可能性が高いです。

留学経験を有利にするには、留学した体験談やエピソードを語るのではなく、留学によって何を得たのか、そしてそれを今後どう活かしていきたいのか、を考え伝えることが大切です。

留学は多くの人が体験していることではなく、間違いなく貴重な経験です。

それを就職活動で不利にすることがないよう、留学で得たことを考え整理し、今後、この会社でその経験がどのように活かせるのか、伝えることができるよう準備をしっかりおこなっておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です