留学中は太るってホント?アメリカ滞在中の食生活について

日本から離れ、気になることは食生活だと思います。

基本的にアメリカ料理というものは無く、ジャンクフードや中華料理、になってきます。

アメリカの食事で驚かされることは、とにかくそのボリュームです。

何をとっても、日本の2倍のサイズはあると思っていいでしょう。

ハンバーガーなど、日本では、マクドナルドが有名ですが、アメリカ人は、「あれは子供が食べるものだ」と言います。
アメリカで、ハンバーガーといえば、バーガーキングになります。
ボリュームもかなり大きく、食べ応え抜群です。

そしてアメリカで驚いたのは、ジュースがすべてフリ-ドリンクでおかわり自由ということです。
日本では、フリードリンク用の料金を支払う必要がありますが、アメリカでは、そんな細かいシステムなんてありません。
ハンバーガーショップでジュースを頼んだら、フリードリンクなんです。(笑)

そして、アメリカ人がよく好んで食べるステーキですが、これも驚きのサイズです。
家庭でのバーベキューでも、かなりのメガトン級のサイズを振舞ってくれます。
でも、味については、決して悪いものではなく、美味しいので、ご安心を。

それから、飲み物についても、日本とは全く異なっています。
なぜかというと、アメリカでは、お店で売られている飲み物の種類のほとんどが、炭酸ジュースになります。
もちろん水などもありますが、あまり、フルーツジュースやお茶などは種類がなく、炭酸の割合がかなりを占めており、自分もそれにつられて炭酸生活を送ってしまいました。

留学生活を送る上で、覚悟していただきたいことは、ほとんどの留学生が、入国時に比べ帰国時の方が太ってしまっているという事です。
僕も実際、あまり普段、太らない体質にも関わらず、5Kgほど太ってしまい、人生でMAXの体重になっていました。
でも、それもアメリカライフを楽しんだ証だと思っていたので、あまり気にしていませんでしたが。

アメリカに住んでいると、日本食の有難さや素晴らしさに気づかされます。
今まで当たり前のように食べていて、あまり感じませんでしたが、帰国して、日本食がこんなに繊細で美味しいものだったのかと、思い知らされることでしょう。

留学中に日本食が食べたくなったりした場合は、アメリカにも、日本食材を売っているスーパーマーケットがありますので、そこへ行くと日本のものが手に入ります。
そしてテンションもかなり上がると思いますので、ぜひ行ってみてください。

アメリカの食生活を体験することも、留学生活を楽しむ一つだと思います。
食べ過ぎや体調管理には十分注意して、いろいろ美味しいものを見つけてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です